テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

チーフPが語る、M-1スタッフの強すぎる芸人愛。「ちょっとおかしい(笑)」

結成13年目のコンビ・ミルクボーイが優勝を果たした「M-1グランプリ2019」。

一夜にして人生が激変した彼らは、M-1直前、そして優勝直後、どのように過ごしていたのか。

そのすべてを追ったドキュメンタリー『M-1アナザーストーリー ~“史上最高”大会の舞台ウラ完全密着~』(1月11日ABCテレビで放送)が、「感動した」「泣ける」と大きな話題になっている。

近年は毎年、M-1グランプリの開催からおよそ2週間後に放送されているこの『アナザーストーリー』。

決勝当日の控室やステージの裏側、そして予選の様子はもちろん、M-1出場芸人たちの普段の姿にも密着し、自宅での一幕やアルバイト風景まで映すこの番組。まるでアスリートのように、「日本一の漫才師になりたい」と日々魂を削る芸人たちの生き様には心打たれずにいられない。

今回放送された“M-1グランプリ2019版”の同番組も、例に漏れない内容だった

優勝したミルクボーイ。それまで無名であった2人が人生を変えようとこじ開けた“M-1決勝”という扉の先に見えたのは、彼らの優勝を自分のことのように喜ぶ周囲の人の姿だ。

彼らがたたき出した681点というM-1史上最高得点が発表されているとき、ボケの駒場孝の“オカン”はテレビを観ながら飛び跳ねて喜んでいた。

「出世払いや!」と言って2年間にわたり無料でトレードマークの“角刈り”を整えてくれたツッコミの内海崇の理髪師は、優勝後に店を訪れた内海の髪を切りながら、嬉しそうに密着スタッフにミルクボーイのネタのスゴさを語った。

これら周囲の人たちの反応に、静かに、かみしめるように涙するミルクボーイの2人の姿は、視聴者の涙腺も強く刺激したことだろう。

◆M-1スタッフは「芸人のことが好き過ぎて、ちょっとおかしい」

この『アナザーストーリー』を観て驚くのは、その膨大な映像の量だ。

今大会の関連映像だけでもカメラ123台で累計242時間撮影されているというが、番組には、2006年にミルクボーイが大学生コンビとしてM-1に初出場した際のコメント映像までもが登場してくる。

M-1スタッフは、一体どれだけ出場芸人たちに密着しているのか?

これについて、2003年からM-1グランプリのディレクターになり、2007年からは6大会連続で総合演出を務め、現在はチーフプロデューサーとして同大会に携わっているABC朝日放送テレビ・田中和也プロデューサーに聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「M-1のスタッフはみんな、芸人のことが好き過ぎて、ちょっとおかしいんですよ(笑)。僕もまぁ、そうですね。ほんとみんな、アホになってしまうんです…」

好き過ぎて、アホになる――。その姿勢が表れるのは、“撮る”という行動だけではないという。

「僕自身も、(『アナザーストーリー』の映像などを観ていて)よく撮ってたなって思うシーンがあるし、なにより“よく探してきたな!”って思う映像がたくさんあります。15年分、テープは1万本くらいあるはずですからね。(制作スタッフの努力は)すごいと思います」

現在では決勝に出場できるようになった芸人でも、1回戦や2回戦より先に進めず喘いでいた時代もある。そんな“ピントが合っていない”時期に、画面の隅のほうに一瞬映った若き日の決勝芸人たち。それを探すのというのはまさに、森の中に隠された木を探すような作業だろう。

なぜそこまで出来るのか。田中プロデューサーは、M-1スタッフが漫才師と「ともに笑い・ともに泣いている」からだとみる。

「M-1スタッフやABCテレビには代々受け継がれている“イズム”のようなものがあって、若いディレクターでもなんでも、『とりあえず芸人と飲みに行け』と。そうして仲良くなって、“ともに笑い・ともに泣き”ができるような関係性をつくりなさいという教えです。

そこで培われた芸人さんとの関係性があってこそ、なかなか撮れないところも撮らせてくれるし、喋りにくいことも喋ってくれるんだと思います」

田中プロデューサーが言う“なかなか撮れないところ”とはすなわち、前述のような芸人たちのオフの場面、そして、負けた後やラストイヤーで挑み敗れてしまった後などの場面だ。

本来であれば、悔しさや悲しさで芸人たちにとってはカメラを向けられるのも嫌な瞬間かもしれないが、『アナザーストーリー』ではその瞬間の芸人たちの映像も数多く登場する。田中プロデューサーは続ける。

「僕の中で“名シーン”というのはいくつもあって、たとえば、敗者復活戦で負けてしまった芸人さんがいて、彼らにカメラを向けているディレクターまでもが一緒に泣いてしまってるシーンなんかもあるんですよ。そこまでの思いがスタッフにもあると、芸人さんたちもみんないいこと言ってくれるんですよね。それこそ、一緒に泣きながら」

漫才に爆笑しながらも、そこに挑む漫才師たちの姿には泣ける。M-1グランプリにあるこの不思議なギャップは、ともに泣きともに笑う、“ちょっとおかしい”ほどの愛をもつスタッフあってこそのものなのだろう。

※配信情報:『M-1アナザーストーリー ~“史上最高”大会の舞台ウラ完全密着~』
1月26日(日)23時59分まで「TVer」「GYAO!」にて無料見逃し配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事