テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

沢村一樹主演『刑事ゼロ』がSPで復活!“記憶を失う前”の時矢暦彦が出現?!

刑事拝命以来20年間の記憶を失った“記憶ゼロ”の刑事・時矢暦彦(沢村一樹)が難事件を解決する姿を描いたドラマ『刑事ゼロ』

今年1月クールに木曜ミステリー枠で放送され好評を博した同作が、9月15日(日)にのスペシャルとして放送される。

©テレビ朝日

記憶を失う前は「京都府警に時矢あり」とまでいわれ、“デキる男”として通っていた主人公・時矢。

幸か不幸か、刑事にまつわるすべての経験が“ゼロ”になったことで“洞察力”が研ぎ澄まされ、過去の自分とはまったく異なる自由なアプローチで事件の謎を解明してきた。

そんな時矢の活躍はもちろん、彼の記憶を補う“トリセツ”的役割を担う新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)とのコミカルなやりとりも人気を博している。

◆ホテルに閉じ込められた時矢!“陸の孤島”で連続殺人

今回のスペシャルの舞台は、京都と神戸。

時矢たちは、管轄外の神戸・六甲山へ慰安旅行に出発。たどり着いた山上のホテルには、“謎の招待状”によって招集された6人の宿泊客が滞在していた。

ところが何者かによってホテルは外界との連絡手段を一切断たれてしまい、時矢と佐相、そして6人は“陸の孤島”と化した館内に閉じ込められることに。

そこで、次々と不可解な殺人事件が発生! アガサ・クリスティーの不朽の名作『そして誰もいなくなった』のように、閉ざされた館からひとりずつ姿が消えていく!?

“陸の孤島”を舞台に、記憶ゼロの名刑事が複雑かつ恐ろしい事件に挑む。

◆記憶を失う前の時矢暦彦がよみがえる!?

©テレビ朝日

さらに今回は、記憶を失う前の時矢暦彦、いわゆる“ビフォー時矢”が出現する可能性も。

これまで連続ドラマでは“回想シーン”に登場するのみだった“ビフォー時矢”。スペシャルでは記憶を失ったあとの“アフター時矢”に代わって、キレッキレの捜査を展開することに…!?

主演の沢村は「13係の皆さんと集まって、視聴者の皆さんと約半年ぶりにお会いできるのが今から楽しみです」とスペシャル実現の喜びを語りつつ、「もしかしたら、旧・時矢も現れるかも」とニヤリ。

ビフォー時矢が出現するということは、アフター時矢は消えてしまうのか? となると、時矢と佐相のコンビは解消されてしまうのか?

“記憶ゼロの刑事”時矢暦彦の運命を、ぜひ見届けたい。

◆出演者コメント

※沢村一樹(時矢暦彦 役)コメント
「13係の皆さんと久々に集合し、視聴者の皆さんと約半年ぶりにお会いできるのが、今から楽しみです。

今回のスペシャルでは、神戸に慰安旅行に出かけた僕らが連続殺人に遭遇しますが、管轄外の場所で事件が起きたとき、我々はどうするのか…。そして、もしかしたら“旧・時矢”が現れるかも…!

とにかく、すべてがみどころですので、ぜひご期待ください」

※瀧本美織(佐相智佳 役)コメント
「私が演じる佐相智佳にとってはとても切ない展開があって、演じながら『まさか、こうなるんだ…!』と自分でもビックリしちゃいました。何が起きるのか、楽しみにご覧ください!」

※番組情報:日曜プライム ドラマスペシャル『刑事ゼロ スペシャル』
2019年9月15日(日)夜9:00~夜11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事