テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

5歳で父を亡くし、区役所勤めから女優に。芸歴50年の白石加代子が驚いた、朝ドラ初出演後の変化

8月21日(水)に放送される『徹子の部屋』には、舞台の世界では重鎮の白石加代子が登場する。

©テレビ朝日

5歳で父を亡くし区役所勤めから女優になった白石は、黒柳が「白石加代子は毎晩血を流しながら演じている」という噂を聞きつけ舞台を見に行ったほど個性的な演技力の持ち主。

芸歴50年で初出演した朝ドラではおちゃめな大家さん役を演じ、お茶の間の人気者に。スーパーで買い物をしていると見知らぬ人から手を振られるなど、初めての経験にびっくりしたという。

©テレビ朝日

私生活の想像がつかないタイプと言われるが40代で結婚、胃腸の弱い夫の体調管理のため食事はほとんど自炊。野菜をたっぷり使った自宅での料理の様子などを公開する。

夫は、白石が区役所を退職後に飛びこんだ劇団で知り合った元演劇仲間。その後、芸能界とは別の仕事をしていた夫だが、現在はマネージャーとして良き相談相手にもなっているという。

そんな夫から届いたサプライズの手紙に、白石は大喜びする。

※番組情報:徹子の部屋
2019年8月21日(水)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事