テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

平成仮面ライダーシリーズ最終話直前!魔進チェイサー復活、上遠野太洸が再演

平成仮面ライダーシリーズの記念すべき20作品目にして、平成仮面ライダー最終作となる『仮面ライダージオウ』。

主人公・ソウゴ(奥野壮)らの前でタイムジャッカー、スウォルツ(兼崎健太郎)の野望が明らかになり、ついにアナザーディケイドの力を手に入れた。ソウゴとゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)の世界を破滅から救おうとする戦いは最終局面を迎えるが、ソウゴは最低最悪の魔王・オーマジオウになってしまうのか?

いよいよ厳しい選択を迫られることになる。

そんな激動のストーリーを、荒井敦史演じる仮面ライダーアクア/湊ミハル、松岡充演じる仮面ライダーエターナル/大道克己という2人のレジェンドライダーたちが彩ってきたが、8月11日(日)放送のEP47「2019:きえるウォッチ」からの2週にわたるエピソードには…。

レジェンドとして、『仮面ライダードライブ』(2014年10月~2015年9月放送)に登場した魔進チェイサー/チェイスが登場。「ドライブ」でクールな悪役を演じた上遠野太洸が、再びチェイスとなって「ジオウ」の世界に現れる!

◆クールな“死神”がゲイツを襲う!かつての人間の心は取り戻すのか?

『仮面ライダードライブ』では、物語の中盤まで魔進チェイサーとしてドライブと敵対してきたチェイス。命令に背いたロイミュードを消し去る番人として、“死神”の異名をとるクールな存在として、ドラマの中でも異彩を放っていた。

その魔進チェイサーが、スウォルツ/アナザーディケイドによって他のダークライダーたちと共に現代に復活。冷徹な“死神”としてゲイツらに襲い掛かる。

そんなチェイスに対してゲイツは、映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』で出会った仮面ライダーマッハ/詩島剛(稲葉友)の名前を語り、目を覚まさせようとするが…。

“死神”を思わせる不気味な風貌ながら、『仮面ライダードライブ』での彼の最期に涙したファンも多く、放送終了から約4年経った今でも高い人気を誇る魔進チェイサー/チェイス。

クールな“死神”が復活する『仮面ライダージオウ』EP47&48に期待だ!

◆上遠野太洸(魔進チェイサー/チェイス役)コメント

「皆さま初めまして、或いは、お久しぶりです。『仮面ライダードライブ』にてチェイス役を演じさせて頂きました、上遠野太洸です。この度有難くも再び『仮面ライダー』の現場に関わらせて頂けて、感謝の念でいっぱいです。現場でも、スタッフの方々の『おかえり』の言葉に胸が熱くなりました。

平成最後のライダーとなる『仮面ライダージオウ』でチェイスとして復活し、それが作品の盛り上がりの一助となれるなら幸いです。どうか最後まで『仮面ライダージオウ』の世界をお楽しみ下さい!」

※番組情報:『仮面ライダージオウ
2019年8月11日(日) EP47 「2019:きえるウォッチ」、8月18日(日) EP48
テレビ朝日系 毎週日曜 午前9:00~9:30放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事