テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ゴスペラーズ酒井が振り返る、橘慶太(w-inds.)が歌った『Sometimes I Cry』の衝撃

コンサート、映画、舞台など、あらゆるエンターテインメントをジャンル問わず紹介する番組『japanぐる~ヴ』(BS朝日、毎週土曜深夜1時~2時)。

©BS朝日

7月27日の放送では、8月に4公演で開催される「SOUL POWER ヨコハマ SUMMIT 2019」のホストを務める鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyが集結。

“思い出のソウルナンバー”などエピソードを紹介しながらイベントを振り返り、「SOUL POWER SUMMIT」の魅力を語った。

◆「心と心の結びつきのイベント」

2006年に鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyの3組を軸に、様々なゲストを迎える形で始まった「SOUL POWER SUMMIT」。

鈴木は、「ちょうどゴスペラーズとラッツ&スターの合体ユニット=ゴスペラッツを結成したときで、当時はゴスペラッツが出られるようなソウルを主軸としたイベントがなかったんです。それなら自分たちでフェスを作ってしまおうということで始まりました」と語る。

©BS朝日

番組では、Skoop On SomebodyのTAKEがMCを務める形で、普段から仲が良いからこそのエピソードがたくさん飛び出し、この空気感が同イベントのファミリー感を生んでいると感じさせた。

驚いたのは、ソウルの帝王と呼ばれる鈴木雅之が、実はフォークソング好きだったという過去。「中学生のころはフォークソングがブームで、父親に安いギターを買ってもらい、最初はフォークのバンドを組んでいました」と鈴木。

そこで出会ったのが桑野信義で、中学1年生のときにフォークギターで初めて作ったのが「潮騒」という曲だったとのこと。これには、14年一緒にやっていたメンバーも知らなかったようで、驚きの声も上がっていた。

◆イベントでの“思い出のソウルナンバー”

また、「SOUL POWER SUMMIT」でこれまでに歌ってきた楽曲から“思い出のソウルナンバー”も紹介。

ゴスペラーズの酒井雄二が選んだのは、w-inds.の橘慶太が歌ったエリック・ベネイの『Sometimes I Cry』。「いろんな人が“何だ?何だ?”という感じで舞台袖に集まって来て、出演者からも『すごい!』と声が上がっていました」と振り返る。今年もw-inds.は出演するとのことで、期待が高まる。

ゴスペラーズの安岡優は、ラッツ&スターの『夢で逢えたら』をセレクト。「SOUL POWER SUMMIT」では、毎回この3組を中心に歌っている定番のナンバーだ。「あるときCHEMISTRYの川畑要から“何で僕は呼ばれないんですか?”と言われて。その川畑が初めて一緒に歌ったときの喜びようと言ったらなかったです(笑)」と振り返った。

Skoop On SomebodyのKO-ICHIROは、昨年歌って好評だった映画『グレイテスト・ショーマン』の1曲『This Is Me』を挙げる。「あれはすごく楽しかったです。お客さんも盛り上がっていたし、自然にスタンディングオベーションが起きたときは鳥肌が立ちました。“ショー・マスト・ゴー・オン”という言葉の通り、やり続けていきたいと思った瞬間でした」とのこと。

©BS朝日

そして鈴木雅之は、第1回目の『SOUL POWER SUMMIT』でオープニングナンバーとして歌われたサム&デイヴの『Soul Sister,Brown Sugar』を挙げた。「俺が小学生のときにいちばん最初に買ったアナログレコードがその曲でした。それを第1回目のオープニングで、黒沢(ゴスペラーズ)と一緒に組んだ“エナメルブラザーズ”として歌えたときは、ソウルをやっていて良かったなと思えましたね」と語る。

幼少期からのソウルへの想いが、今も色褪せることなく心に宿っていることが感じられるエピソードだ。

さまざまなソウルミュージックのカバーが出演者によるコラボレーションで繰り広げられるのも同イベントの見どころ。その組み合わせを考えるのは、ゴスペラーズの村上てつやの役割りとのこと。「この人にはこの曲が合うだろうとか、組み合わせや選曲をすごく考えます。キー合わせの問題もあるし。それにかける時間はすごくありますね」と、肝となるコラボだけにじっくり練って考えているそう。

また同イベントについて、「ジャンルを越えた、魂と魂、心と心の結びつきのイベント。その輪にみなさんも入ってほしい」とトークをまとめた。

「SOUL POWER ヨコハマ SUMMIT 2019」は、8月19日・20日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール、8月31日・9月1日に大阪・グランキューブ大阪の4公演を開催。

大黒摩季、矢井田瞳、Little Glee Monsterなどの女性アーティストもゲスト出演し、どんなコラボレーションが繰り広げられるのか楽しみだ。<文/ライター・榑林史章>

※番組情報:『japanぐる~ヴ
毎週土曜深夜1時~2時、BS朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事