テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

間宮祥太朗、始球式で139kmの剛速球!憧れの甲子園どよめかせ「夢のようです」

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の奮闘を描いた青春お笑いドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)。

7月27日(土)から放送が始まる同作で主人公・上妻圭右を演じる間宮祥太朗が、7月23日(火)より甲子園球場で開催となった『ウル虎の夏2019』初日のファーストピッチセレモニーに登板。ドラマ『べしゃり暮らし』をPRするため、役衣装の学ラン姿でフィールドに登場した。

©テレビ朝日

元野球少年にして阪神タイガースの大ファンという間宮。観客席からの大きな拍手と歓声に大きく手を振ってこたえながら、感無量の面持ちで憧れの聖地・甲子園のマウンドへ。その感触を両足で確かめるように踏みしめていた。

間宮は投球を前に学ランを脱ぎ、下には『ウル虎の夏』仕様の黄色いユニフォーム。その背中には「BESHARI」の文字と放送開始日に因み「7.27」の背番号が記されていた。

©テレビ朝日

球場を埋め尽くす阪神ファンのボルテージも一層あがるなか、豪快なフォームで全力投球。

凄まじい剛速球で、球場の球速表示にはなんと「139km」が…! これには会場中も大きくどよめいた。

◆ファーストピッチセレモニーの方がドラマ出演より嬉しい?!

©テレビ朝日

小学生のときから中学2生までを野球に捧げ、ポジションはピッチャーだったという間宮。

この甲子園球場でのファーストピッチセレモニーをはじめて知ったのは今年の6月11日、まさに26歳を迎えた誕生日のこと。

本作撮影中にプロデューサーからサプライズ発表を受け、「ドラマの仕事が決まるよりうれしいです!」と最高のバースデープレゼントに大喜び。「125キロを出したい!」という目標を掲げ、意気揚々とファーストピッチセレモニーにチャレンジした。

客席や大好きな阪神タイガースのメンバーたちから大きな拍手と声援を受け、マウンドを後にした間宮は、「子どもの頃はずっと野球をしてきたので、夢のようです。まさか甲子園で、ファーストピッチを任されるとは思っていませんでした!」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

そんな間宮が主演を務める『べしゃり暮らし』は、笑いに青春をかける熱い若者たちと、彼らを取り巻く人々が織りなすヒューマンストーリー。笑いに満ち、時に涙を誘う熱いストーリーに期待だ!

◆間宮祥太朗(上妻圭右 役)コメント

©テレビ朝日

「子どもの頃は、ずっと野球をしてきたので、夢のようです。まさか甲子園で、ファーストピッチを任されるとは思っていませんでした!

先ほど球団の方と練習をさせていただきましたが、それ以前はプロデューサー相手に軽くキャッチボールをするくらいで、『本気で投げないでくれ』と言われていました(笑)。

今日、甲子園でファーストピッチセレモニーをできたことには、非常に大きな意味があったと思います。関西人ではないけれど憧れで関西弁をずっと喋ってきた上妻圭右が主役の『べしゃり暮らし』のPRを、お笑いの聖地、関西の甲子園で、阪神タイガースのファンの僕ができたということが二重にうれしいです。

野球のバッテリーとお笑いの相方は違いますね。漫才はずっと同じ2人でコンビを組んで続けていきますが、キャッチャーはピッチャーの癖にあわせなければならないんです。キャッチャーは誰に対してもあわせられる能力が必要なので、漫才とはやはり性質が違うかもしれないですね。

始球式は本当に1球しか投げられないので、非常にプレッシャーを感じました。撮影の漫才よりも緊張したと思います。今日のファーストピッチセレモニーは、あまりにも短い時間で、噛みしめる間もなく終わってしまいました。チャンスがあるならまた是非ともチャレンジしたいです!」

※番組情報:『べしゃり暮らし
2019年7月27日(土)よる11:15スタート!【毎週土曜】よる11:15~0:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事