テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

亀田興毅&大毅、ミニスカート陸上で奮闘!「本当は親父も参戦する予定だった」

くりぃむしちゅーが「お笑い芸人」としての原点に立ち返るべく、貪欲かつ気まぐれに様々な“斬新”企画に挑戦する番組『くりぃむナンチャラ』

©テレビ朝日

同番組では、7月5日(金)と12 日(金)の2週にわたって人気企画「ミニスカート陸上」を放送。第8回となる今大会には、元ボクシング世界王者の亀田興毅&亀田大毅兄弟が参戦する。

◆亀田興毅&大毅兄弟がミニスカ姿で奮闘

「ミニスカートを履いている女性は大変に違いない」――そんな世の女性の気持ちを可能な限り理解するため、ミニスカートを履いて女性の気持ちになり、パンツを見せないようにしながらさまざまな競技に挑む企画「ミニスカート陸上」。

毎回数々の珍プレーが誕生している同企画だが、今回も膝上15cmのミニスカートをはき、男たちがさまざまな競技でパンチラ回避の激闘を繰り広げる。

©テレビ朝日

今回は、亀田興毅&大毅の「チーム亀田」が、上田晋也&パンサー・尾形貴弘による「チームナンチャラ」と、2vs2のタッグマッチ! はたして両チームはパンチラせずに好記録を出すことはできるのか?

まさかの元世界チャンピオン参戦に驚きを隠せない上田。しかし、亀田兄弟の口から「本当は親父(亀田史郎氏)も参戦する予定だった」という衝撃の事実が飛び出し、冒頭からこれまでの大会とは違った雰囲気が漂う。

今回4人が挑むのは、「ミニスカート30mハードル走」「ミニスカート馬跳び10m走」「ミニスカートシャーッオラ!」の3競技。簡単そうに見えて意外と難易度の高い競技が目白押しだ。

©テレビ朝日

初参戦となる亀田兄弟のミニスカート姿にどうしても笑いをこらえきれない有田哲平たち。元世界チャンピオンが恥じらいながらハードルを飛んだり馬跳びをする様子は、現役時代の彼らからは想像もつかないものばかりで、否応なしに笑いを誘う。

そんななか、亀田大毅がある秘策を提案。ミニスカートをはき、真剣な表情で作戦会議をする亀田兄弟――はたして、その秘策とはどんなものなのか?

一方、尾形はハードル走では絶妙なパンチラ回避技を披露。上田も「なんか美少女アニメを見ている感じだわ」と感心する。しかし、続く馬跳びでは、まさかのミスを犯してしまい…!?

©テレビ朝日

また、注目は初開催となる「ミニスカートシャーッオラ!」。

亀田兄弟の代名詞でもあった試合後の雄叫び「シャーッオラ!」になぞらえ、コーナーポストを設置した台に飛び乗り、「シャーッオラ!」を叫んで飛び降りるという一連の動作をパンチラせずに行い、その芸術点を競う。

前代未聞の競技に戸惑いを隠せない4人だが、それぞれ趣向を凝らした「シャーッオラ!」を披露。本家・亀田兄弟のミニスカ姿での「シャーッオラ!」は必見だ。

さらに、「ミニスカート陸上2019」後半戦では、走り高跳びなどの高難度競技も登場。勝者は一体どちらのチームなのか?

※番組情報:『くりぃむナンチャラ
2019年7月5日(金)・12日(金)深夜2:20〜2:50、テレビ朝日(※一部地域のみ)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事