テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

容疑者はロボット?! 井ノ原快彦ら特捜班、最新AI技術と女性たちの思惑に挑む

井ノ原快彦扮する刑事ら「特捜班」のメンバーが、見事なチームプレイで難事件を解決していくドラマ『特捜9』

©テレビ朝日

6月5日(水)に放送される同作season2の第8話では、若手のやり手社長がプールで不可解な死を遂げる。容疑者として浮上したのは、最高の人工知能を持ったAIロボット…!?

次々明らかになる容疑者のトラブルまみれの女性関係。そして防犯カメラに映り込んだ社長のSOSはどこの誰に向けたものだったのか?

女たちの思惑と最新AI技術に特捜班が挑む!

◆第8話あらすじ

©テレビ朝日

刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の大学時代の友人で、AI(人工知能)を製作する会社の社長・田嶋康太(大浦龍宇一)がプールで死亡。

死因は水泳中の心臓発作で間違いないと思われたが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)は、アレルギーの原因となる物質を口にして2時間以内に激しい運動をしたことによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーショックで心臓停止に至った可能性も考えられるという。

浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、三原刑事部長から、田嶋の死の真相を明らかにするよう依頼される。いつもは特捜班を目の敵にする刑事部長が自ら依頼しにきたことに、驚きを隠せない面々だったが、事件の真相を解明するために動き出す。

©テレビ朝日

捜査を開始した特捜班のメンバーはそれぞれ聞き込みを行い、田嶋が看護師の曽我景子(大浦千佳)と口論していたという目撃談や、クッキングスクールを任されていた元妻の江守美佐(久世星佳)が、田嶋からスクール閉鎖を通達されていたという事実をつき止める。

さらに、田嶋と広報の北村萌香(小橋めぐみ)が男女の関係にあったことや、商品開発部の早乙女凛(新山千春)がAIロボットを巡って田嶋に不満をもっていたことも明らかに!

©テレビ朝日

次から次に判明する田嶋を巡る女の存在…。更に、最新の人工知能を持ち合わせたAIロボットの謎に特捜班が挑む!

番組情報:『特捜9 season2』第8話
2019年6月5日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事