テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

岡田准一主演映画『関ヶ原』、今夜地上波初OA!3000人規模の大迫力合戦シーン

司馬遼太郎原作の累計部数590万部を超える国民的ベストセラーを初めて完全映画化した『関ヶ原』が、6月2日(日)に地上波初放送される。

©2017「関ヶ原」製作委員会

岡田准一が石田三成、役所広司が徳川家康を演じる本作。監督は『日本のいちばん長い日』などで知られる名匠・原田眞人だ。

京都・東本願寺、姫路城など各地の名だたる国宝級・歴史的建造物でロケを敢行。エキストラ総勢3000人規模、のべ400頭にも及ぶ騎馬や鉄砲隊が入り乱れる大迫力合戦シーンで観る者を圧倒する。

また、三成に仕える忍び・初芽を演じる有村架純は、本作が初の本格時代劇への出演となり、殺陣などアクションにも挑戦した。

そのほか、三成の右腕として勇猛果敢に戦う島左近に平岳大、活線の命運を握る小早川秀秋に東出昌大、さらに北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、中越典子、壇蜜、松山ケンイチ、西岡德馬など、日本映画界の歴戦のツワモノたちが集結。天下分け目の決戦を彩る。

◆あらすじ

©2017「関ヶ原」製作委員会

幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才能を認められ、秀吉の小姓となった石田三成(岡田准一)は、成長し大名に取り立てられると、猛将として名を馳せた牢人・島左近(平岳大)を石高の半分を差し出して家来に迎える。

そして、伊賀の忍び・初芽(有村架純)も“犬”として三成に仕えることに。

秀吉の体調が悪化の一途をたどり、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、秀吉の不興を買う小早川秀秋(東出昌大)や、他の秀吉恩顧の武将たちを言葉巧みに取り込み、勢力を拡大していく。三成はそんな家康が気にくわない。

©2017「関ヶ原」製作委員会

1598年8月、秀吉逝去。1599年閏3月、大老・前田利家(西岡德馬)も亡くなると、先の朝鮮出兵の時から三成に恨みを持つ福島正則(音尾琢真)、加藤清正(松角洋平)ら秀吉子飼いの七人党が三成の屋敷を襲撃した。

三成は家康の屋敷に駆け込み難を逃れるが、このことで佐和山城に蟄居することになる。

1600年6月、家康が上杉討伐に向かう。上杉家家老・直江兼続(松山ケンイチ)と結託して家康の挟み撃ちを図っていた三成は、大谷刑部(大場泰正)らを引き込み、毛利輝元を総大将に立て挙兵。三成の西軍、家康の東軍が覇権をかけて動き始める。

©2017「関ヶ原」製作委員会

1600年9月15日、決戦の地は関ヶ原。三成はいかにして家康との世紀の合戦を戦うのか?そして、命をかけて三成を守る初芽との、密やかな“愛”の行方は…。

※番組情報:日曜プライム『関ヶ原』
2019年6月2日(日)よる9:00~11:33、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事