テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

あの『逃亡者』を主演・渡辺謙でリメイク!舞台は東京オリンピック開催間近の日本

テレビ朝日がワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)とともに大ヒット作『逃亡者』の日本版を制作。主演を渡辺謙が務め、「テレビ朝日開局60周年記念番組」として2019年度に2夜連続で放送される。

©テレビ朝日

1963年~67年にかけてアメリカで放送されたテレビドラマ『逃亡者』。

最終回は約7800万人に視聴されるなど、当時のアメリカで最高記録を樹立した。日本でも1964年~67年に放送されて一世を風靡し、最終話の放送時刻には町から人が消えた…などの逸話が残されている。

また、1993年にはハリソン・フォード主演で映画化され、保安官を演じたトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞助演男優賞を受賞。彼にとってこの映画は出世作となり、日本でも大旋風を巻き起こした。

◆現代日本を舞台に緊迫の逃走劇!

主人公は、エリート外科医・加倉井一樹(かくらい・かずき)。ある夜、彼の妻が惨殺される事件が起こる。現場に居合わせた加倉井に容疑がかけられるも加倉井は義手の男が犯人だと訴えるが、逮捕起訴され裁判で死刑判決が下されてしまう。

ところが護送車が事故に遭遇。加倉井は無実を証明するために逃亡する。自らの手で真犯人を探し出すほかに残された道はないと信じて…。

本作では、舞台を東京オリンピック開幕間近の現在の日本に移して、物語を再構築。主人公は現代のハイテク捜査にも追い詰められていくことに。

スリルあふれる追跡劇と真犯人探しのミステリーが交錯し、一瞬たりとも目が離せない緊迫のドラマが繰り広げられていくほか、逃亡者と追跡者の間にいつしか友情が芽生えていく感動のストーリーも視聴者の心を鷲掴みにすることだろう。

◆名優・渡辺謙、名作の歴史に新たな伝説を刻む

主演は、日本を代表する俳優でありハリウッドスターとして確固たる地位を築いている渡辺謙。2019年3月にはイギリスの演劇界で最も権威があるといわれる“オリビエ賞”のミュージカル部門最優秀主演男優賞にもノミネートされた。

そんな渡辺が、妻殺しの汚名を着せられ逃亡しながら真犯人を追う男を鬼気迫る演技で表現。さらに物語の随所で、超高度なアクションにも挑戦する。

“追う者VS追われる者”、“医師VS刑事”――。その構図だけでなく、彼らを取り巻く人物たちをも巻き込んで濃密に展開していくドラマスペシャル『逃亡者』。今後、豪華キャストも続々発表予定だ。

なお本作は、「AbemaTV」や動画配信サービス「ビデオパス」とも連携する。

◆渡辺謙 コメント

――新時代によみがえる日本版『逃亡者』で主演を務める心境は?

「このお話をいただいたときは、『こう来たか!』と胸躍るものを感じました。まだ仮台本の段階ですが、いただいてすぐ、前後編を一気に読み上げてしまいました。こんなにも一気に読める台本をいただいたのは、久しぶりでしたね。

ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズが追いつ追われつ男たちのドラマを展開した1993年の映画もお二人がまさに脂がのっているときに撮られた作品で、躍動感のある素晴らしい映画でした」

――主人公の人間的魅力とは?

「実は、医師を演じるのは初めてなんです。今回の作品では、医師として“生命の重さ”を知る主人公が、自らの命をどう生き抜いていくか…そこに執着していきます。ある意味、“生きる力”みたいなものを試される役柄ですね。

そして役はもちろんのこと、僕自身の“生命力”も試されていくドラマになる気がしてなりません。そこがとても面白いなと思っています。でも実際の人生では、追う側も追われる側もイヤですね。こんな追跡劇には、絶対に関わりたくありません(笑)」

――激しいシーンが多いことも予想されますが…。

「和泉聖治監督のもと、ものすごいアクションが盛り込まれた大活劇になると思うので、“生命力”を描いた人間ドラマとアクションの両輪をお楽しみいただけるドラマになるのではないかと思います。撮影はこれからですが、監督からどんなことを要求されても耐えられるような身体作りはしておかなければと覚悟しています」

――追われながらも真実を追求する役どころですが、ご自身が追い求めていることとは?

「これまでの俳優人生で僕が追い求めてきたことは非常にシンプルで、自分の“好奇心の針”がビュンと振れるような作品との出会いを、ただひたすら求めてきた気がします。この『逃亡者』はまさにそんな作品です」

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル『逃亡者』
2019年度、テレビ朝日系24局で2夜連続放送!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事