テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ジオウに“仮面ライダー響鬼”登場!中村優一、監督に「すごく縁を感じた」

「平成仮面ライダーシリーズ」の記念すべき20作品目にして、平成仮面ライダー最終作となる『仮面ライダージオウ』

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

ゴールデンウィークに突入する4月28日(日)の「EP33」と5月5日(日・祝)の「EP34」では、2005年1月~2006年1月まで放送された平成仮面ライダーシリーズ第6作『仮面ライダー響鬼』の登場人物たちが出演。

仮面ライダー響鬼/ヒビキの弟子となった桐矢京介役の中村優一、仮面ライダー轟鬼/トドロキ役の川口真五がそれぞれ当時の役を演じ、「平成仮面ライダーシリーズ」でも異色だった、楽器を使う“音撃戦士”たちが鮮やかに蘇る。

◆ソウゴ、ゲイツ、ウォズも太鼓で鬼修行!“響鬼”を名乗る京介の真意は?

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

未来の自分=“最凶最悪の魔王”オーマジオウと肩を並べようとするソウゴ(奥野壮)と、そんな彼を支援するゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)。

一方、オーマジオウが支配する世界ではない違う未来を構築しようと平成仮面ライダーのライドウォッチを狙うスウォルツ(兼崎健太郎)、ウール(板垣李光人)、オーラ(紺野彩夏)のタイムジャッカーたち。そんな2組の戦いのなかに現れるのが、『仮面ライダー響鬼』に登場した京介とトドロキだ。

かつて「鬼になりたい」と言っていた小学校の同級生がいたことを思い出したソウゴ。彼の師匠がヒビキという鬼=仮面ライダー響鬼であることを知り、ゲイツと彼を訪ねることに。そこで突如アナザー響鬼に襲われ、2人は迎え撃つが、響鬼ライドウォッチを持たない2人はアナザー響鬼に苦戦。

そんな2人を救うのが、古代から続く力で人々を守る鬼・トドロキ。トドロキは仮面ライダー轟鬼に変身、アナザー響鬼を追い詰めるが…。

ソウゴとゲイツは、轟鬼を響鬼と誤認するが、そんな誤解を解くのが新たに現れた京介。そして自ら「俺は桐矢京介。響鬼だ」と名乗る。

ソウゴらは京介に響鬼ライドウォッチを手に入れるための協力を申し出るが、京介はその交換条件としてソウゴらに鬼になるための厳しい特訓を要求。そのなかには太鼓を叩く訓練も。ライドウォッチのためなら、と特訓に励むソウゴ、ゲイツ、そしてウォズだが…。

アナザー響鬼の正体は何者なのか、そしてその狙いは? 様々な謎を絡ませつつストーリーは進行、そして轟鬼によるギターを使った“音撃”など『仮面ライダー響鬼』の世界が2019年に蘇る。

◆中村優一(京介変身体/桐矢京介役)コメント

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

「『仮面ライダージオウ』に、『仮面ライダー響鬼』で出演させていただいた役、桐矢京介として約13年ぶりに再び出演することができ、とても嬉しいです。監督は『響鬼』のときに僕の登場回を撮られた諸田敏監督で、すごいご縁を感じました。

『仮面ライダージオウ』の世界に『仮面ライダー響鬼』が、そして桐矢京介がどう絡んでいくのか楽しみにしていただけたら、と思います。『仮面ライダー響鬼』ファンの方々にも観ていただけたら嬉しいです。『響鬼編』、宜しくお願い致します」

◆川口真五(仮面ライダー轟鬼/トドロキ役)コメント

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

「『仮面ライダージオウ』をご覧の皆様、こんにちは!川口真五です。『仮面ライダーシリーズ』への出演はこれまでも何度かありましたが、41歳にして轟鬼に変身させていただけたことは、非常に感慨深いものがありました。

ただ、少しだけアクションがあったのですが、せっかくアクション監督の宮崎さんが格好良く付けて下さったのに、わたしは老いを感じるだけでした(笑)。

『響鬼』時代のスタッフさんも居て、とても雰囲気の良い現場で楽しい日々でした。『響鬼』らしいお話になっていると思いますので、皆様お楽しみください! アフレコ難しかったなー(笑)」

※番組情報:『仮面ライダージオウ
2019年4月28日(日)EP33『2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!』、5月5日(日)『EP34』
毎週日曜 午前9:00~9:30放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事