テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

そっちで覚えてしまったか!武尊、太陽が昇る方角を問われ「天才バカボンの歌でも…」

新元号「令和」が発表され、新たな時代の幕開けとなるこの春。

昭和世代が平成生まれの若者たちに“知っていて当たり前の常識”をクイズにして出題していく新基軸のバラエティ番組『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』が4月9日(火)よりスタートする。

©ABCテレビ

昭和世代にとっては「知っていて当然」ということも、平成世代は「そんなコト考えたことがなかった」で済ませてしまうというジェネレーションギャップが想定外に多くあるという。それを検証するため、身近な常識をクイズ形式で出題。

浜田雅功が司会を務め、浜田と『芸能人格付けチェック』で絶妙なコンビを見せるヒロド歩美ABCテレビアナウンサーがアシスタントを務める。

◆「縁起が悪いと言われているのは何枕?」

出題者の和田アキ子は「日本人として普通に生きていたら、絶対に聞いたことのある問題ですよ」と語るが、平成生まれのまさかの珍回答には思わず目を点にする。

その後、昭和生まれに向けて「なぜ北枕は縁起が悪い?」という問題を出題。このクイズに徳光は「言われてみれば確かに。ちゃんと考えないといけないことですね」と、出題の時点で感心してしまう。

さらに、昭和生まれの松嶋尚美は、天井を指さして「北は天国に近いから、天に召されてしまうということじゃないの?」と説明。麒麟・川島明から「それは、上・下ではないですか?」と指摘されると、真剣な表情で「北は上やと思っていた…」とこれまでの人生で北の方向を勘違いしていたことが発覚してしまう。

◆「太陽が昇る方角はどこ?」

「これはクイズではございません! みなさん毎日見ているものですよ!」と出題者の川島明も間違えようがない問題に驚く。しかし、平成生まれたちからは「まぶしいのはだいたい左だから…」「季節によって違いますよね?」といったトンチンカンな声が上がる。

さらには、平成生まれの武尊が自信満々に「アニメ『天才バカボン』の歌でも歌っているじゃないですか!」とコメント。それに川島は「そっちで覚えてしまったか…」と神妙な面持ちに。

続いて、「なぜ夏と冬で昼の長さが5時間も違う?」「なぜ夏は暑くて冬は寒いの?」といった昭和生まれも考えたことのないような常識問題が出題される。川島はVTRで懇切丁寧に地球と太陽の位置関係を説明するが、平成生まれたちからは「わかりにくい!」というまさかのクレームが飛び出し…?

※番組情報:『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』3時間SP
2019年4月9日(火)午後7:00~午後9:48、ABCテレビ・テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事