テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『緊急取調室』の撮影現場で珍騒動!スタッフが新元号を「めいわ」と伝える

4月11日(木)からスタートするドラマ『緊急取調室』の制作発表記者会見が4月4日(木)に都内で行われ、天海祐希・田中哲司・速水もこみち・鈴木浩介・大倉孝二・塚地武雅・でんでん・小日向文世が登壇した。

©テレビ朝日/テレ朝POST

本作は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる物語。

第3シーズンに突入する同作について主演の天海は、「またこのメンバーと一緒にお仕事できることを幸せに感じながら毎日やっています」と笑顔で話した。

©テレビ朝日/テレ朝POST

また、今回の新シーズンよりレギュラー出演する塚地は、自身のギャグで場をなごませつつ「人気の作品ですし、キャストのみなさんのアクの強さ、個性の際立ち具合はドラマを観ていても伝わってきていたので、なんの特徴もない見た目も普通な僕が通用するのか…というところもありますが、少しでもエッセンスというか、スパイスになれるよう頑張りたいと思います」と意気込む。

2年ぶりに顔をそろえた“キントリメンバー”だが、天海が「あまり2年ぶりという感じがしなかったですね。長い撮休があったような感じでした」と話すと、田中が「そうですね。そこに新しいメンバーのはずのドランクドラゴンがスッと入って…」と付け加える。これに塚地が「なんでコンビ名で呼ぶんですか」とつっこむと、会場は大きな笑いに包まれた。

◆新元号発表で珍エピソード

©テレビ朝日/テレ朝POST

そんな塚地は現場の様子について、「皆さん寡黙でクールなイメージを持っていたので、苦戦する現場になるだろうなと不安があったんですけど、初日からずっと喋ってるんですよ。しかも本当に他愛もないことから始まって、天海さんがタンスを買うか買わないかとか、小日向さんは“ウォシュレットの当て方”とか、本当にざっくばらんな話で、あっという間になじませていただけました」と語る。

そして、プライベートでも仲が良いというキントリメンバー。天海が「そろそろ集まろう」と声をかけ「密会している」というが、メンバーと連絡を取り合う役割を担っている田中は「小日向さんのスケジュールがなかなか押さえられない」と話し、「やめてよ~ちょっと~」と小日向を慌てさせた。

©テレビ朝日/テレ朝POST

また、新元号の“令和”が発表された瞬間はリハーサル中だったそう。新元号を伝えに来たスタッフが「めいわ」だと伝え「へぇ~“めいわ”なんだ~」と話していたところ、「外に出てテレビ見たら“令和”だった」と塚地は笑いながら珍エピソードを披露した。

©テレビ朝日/テレ朝POST

©テレビ朝日/テレ朝POST

なお、会見が行われた4月4日(木)は「あんぱんの日」ということで、大きなあんぱんが登場。共演者であんぱんを囲み、ドラマのヒットを祈願した。

※番組情報:木曜ドラマ『緊急取調室
2019年4月11日スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54放送(※初回は午後9:00~午後10:09放送<15分拡大>)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事