テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

大竹一樹「どういうことなのよ」と動揺!高島彩、中村仁美から来たメールの内容を明かす

さまぁ~ず・大竹一樹とユースケ・サンタマリアが、100歳まで健康に長生きしようとする人=“100生きさん”に注目。その健康法などを紹介してきた『オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです』が、土曜日の午前でリニューアルスタートする。

4月6日(土)から新たに始まる番組『100まで楽しむつもりです』では、MCに高島彩が加わり、日本全国から独自の方法で人生を楽しむ人々=“楽し民”を徹底的にリサーチ。その生き方を深掘りしながら、豊かなライフスタイルを紹介していく。

©テレビ朝日

先日、同番組の初回収録が行われ、大竹とユースケ、そして高島の3人が1回目にして息の合った進行ぶりを披露。“楽し民”を紹介するVTRを見ながら、ざっくばらんなトークを繰り広げた。

番組では、“周りの人にはあまり理解してもらえないけど自分にとっては楽しいこと”を街頭でインタビュー。そこでは様々な“ささやかな楽しみ”が披露されるが、そんなVTRを受けて3人の話題は、いつしかプライベートトークへと移る。

大竹の妻・フリーアナウンサーの中村仁美といえば、高島にとってはフジテレビのアナウンサー時代の後輩。今でも仲が良いという高島は、収録前に「今日から番組で(大竹に)お世話になるよ、と仁美ちゃんにメールをしたんです」と暴露。

中村からは「(大竹は)変態の片鱗をなかなか見せないかもしれませんが、よろしくお願いします」と返信が来たと明かし、これには大竹が「…どういうことなのよ!?」と動揺しつつツッコミを入れ、ユースケがすかさず「(片鱗は)出ているじゃない!」と返して大騒ぎに…。

さらに、トークは家事分担の話題に発展。「基本は私ですが、できる人ができることを!という暗黙のルールです。(家族に)期待しすぎると、腹が立つこともありますしね(笑)」と話す高島に、大竹も激しく同意! 「そうだよ! “俺に期待するな”っていうのが、俺の(家庭での)名言なんだから!」とエキサイト。家事をめぐる夫婦間の攻防をうかがわせる発言が飛び出す場面もあった。

※番組情報:『100まで楽しむつもりです』
2019年4月6日(土)スタート!午前11:10~11:40、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事