テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

加藤浩次、ベッキーも驚いた!5億円持ち逃げされた“どん底”社長の人生逆転

“上の声”(麒麟・川島明)のナビゲートのもと、どん底から這い上がってきた人たちの人生逆転物語を紹介する番組『どん底どっこいしょ』

©テレビ朝日

加藤浩次がMCを務め、ゲストに澤部佑(ハライチ)、ベッキー、遼河はるひを迎え3月22日(金)に放送される同番組では、「社員に5億円を持ち逃げされて、ホームレスになった社長」など、“どん底”から「どっこいしょ!」と這い上がってきた人たちの“人生逆転物語”が紹介される。

事業が次々と成功して波に乗っていたその社長はある日、信頼していた社員が提案した新規事業にGOサインを出すことに…。ところが、その信頼はあっけなく裏切られてしまう。

最終的に5億円もの大金を持ち逃げされ、会社はあえなく倒産。家族からも縁を切られ、ついにはセレブ生活から一転、ホームレス生活へと転落してしまった。

「半殺しにしたいくらいの気持ちでした。人間不信になって、誰も信用できなくなりました」と、当時の心境を赤裸々に打ち明ける社長。しかし、そんな閉鎖した彼の心を、“腐りかけのバナナ”が切り開くことに…!?

彼はなぜどん底から這い上がることができたのか? そして、そこから得た教訓とは一体?

続いて紹介されるのは、「コツコツ貯めた教育費を老人詐欺師に奪われたシングルマザー」の物語。

離婚して以来、仕事を掛け持ちしながら女手ひとつで3人の子どもを育ててきた彼女。ところが、長男は大学進学と留学を夢見ており、予定より多額の学費が必要となる現実に直面していた。

そんなとき、友人から紹介されたのが紳士風の老人。なんと老人は、子どものために働く彼女を応援したいと熱く語り、特別な投資話を持ちかけたのだ。

「子どものため」という言葉に心が揺らいだ彼女は、コツコツ貯めていた教育費300万円を老人に渡してしまう。ところが後日、詐欺だったことが判明する…!

どん底に落ちた彼女は、はたしてどんな行動に出たのか? 彼女と愛する子どもたちの未来に希望の光をもたらした、心の切り替えポイントが明らかになる。

※番組情報:『どん底どっこいしょ』
2019年3月22日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事