テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

実現した奇跡のコラボ!“十津川警部”高橋英樹&“鉄道捜査官”沢口靖子

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏が生み出した人気キャラクター“十津川警部”が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズ。

その記念すべき第70弾が、3月17日(日)に放送される。

©テレビ朝日

本作では、同じ西村氏原作の『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官』シリーズと奇跡のコラボが実現。十津川警部役・高橋英樹と花村乃里子役・沢口靖子が初共演している。

悪徳ジャーナリストが殺害される事件が発生し、十津川警部と亀井刑事(高田純次)は、容疑者である被害者の恋人・武部あかり(小林涼子)と遺体を運搬したとみられる謎の男の行方を追っていた。

やがて、鉄道捜査官の花村乃里子が、事件当日に東京駅でその男と遭遇していたことがわかり、合同捜査が始まる。

◆あらすじ

©テレビ朝日

都内の河原で男性の刺殺体が発見された。臨場した十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)は、現場にかすかな轍を発見。犯人はどこか別の場所で殺害した後、現場近くのホームセンターから台車と段ボール箱を運び出して遺体の運搬に使ったことがわかった。

まもなく遺体の身元は、企業を恐喝して金をせしめる悪徳ジャーナリスト・柴田英太郎(鳥谷宏之)と判明。同時に、同棲中の恋人・武部あかり(小林涼子)の部屋から血痕が見つかる。

彼女は派遣先を無断欠勤して行方をくらましていたことから、十津川たちは手がかりを求め、カフェレストランを営むあかりの母・美代子(中原果南)を訪ねる。美代子は最近、娘と連絡を取っていないと言い、店に置いてある山形ワインの話題になるとなぜか話を逸らした。

刑事たちの聞き込みの末、事件当夜、遺体発見現場近くで段ボール箱を乗せた台車を押す男の目撃情報を得た。おそらくこの男が、遺体を運んだに違いない。

ドライブレコーダーに映っていた謎の男の姿を関係各所に手配したところ、十津川のもとに1本の電話が入る。その電話の主は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子(沢口靖子)で、乃里子は事件の日、東京駅で2度も謎の男を見かけたという。

©テレビ朝日

捜査一課の十津川のもとを訪れた乃里子は、男は山形で列車の運転士として働いていると話していたと報告。乃里子のもたらした情報から、謎の男の正体は、15年前に別れたあかりの父で山形鉄道の運転士・森山久司(益岡徹)だと判明する。

あかりと森山は共謀して柴田を殺害して死体を遺棄し、相次いで山形に逃げたのか!? だから美代子は山形の話題になると言葉を濁したのか!? しかも、殺された柴田は最近、山形で創業した通販会社を恐喝していた事実も浮上。

すべての謎は山形にあるとにらんだ十津川と亀井刑事は、現地へ。一方、乃里子はあかりの行方を調べるため、東京駅の防犯カメラのチェックを申し出る。こうして捜査一課・十津川警部と鉄道捜査官・花村乃里子による合同捜査が始まるが…!?

※番組情報:日曜プライム『西村京太郎トラベルミステリー第70作スペシャル 十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子』
2019年3月17日(日)夜9:00~夜11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事