テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

国民的特撮シリーズの“有名脚本家”、所有する巨大廃墟について涙を浮かべ語る

日本各地で起こっている所有者不明の空き家問題に真っ向から取り組み、解決策を導き出していく特番『所有者不明!!解決!空き家バスターズ2』が、2月17日(日)に放送される。

©ABCテレビ

同番組では、所有者不明の空き家100軒以上を徹底的にリサーチ。その中で数軒をピックアップし、不動産問題に詳しい弁護士、コンサルタント、解体のプロとともに、平泉成とバスターズメンバーの伊達みきお(サンドウィッチマン)・ノブ(千鳥)・大久保佳代子(オアシズ)とヒロド歩美が空き家問題を解決へと導いていく。

◆由緒ある温泉街にある謎の巨大廃墟

山形県上山市は、歴史ある温泉街だ。かつて高度経済成長期には、年間80万人もの人が訪れおおいに賑わったそうだが、現在の市内は空き家だらけになっているのだという。

その温泉街に、日本家屋が併設されている巨大な店舗のような廃墟が見つかった。

その巨大廃墟はトキワ館という映画館で、かつて住民の憩いの場だったそうだ。しかし、現在は屋根が崩れ落ち、積もった雪の塊の落下の危険から通行止めになることもしばしばあるという。

映画館が建つ土地の地主さんに話を聞いてみると、もともとの所有者はすでに亡くなっており、現在の所有者はその息子にかわっている可能性が高く、さらに、現在は熱海に住んでいるのだという。

その息子である男性は、なんと国民的特撮シリーズやアニメなど数々の人気作品を手がける有名脚本家だった。

バスターズは早速連絡を取り、アポを取り付けると熱海へ。一体なぜ空き家になったのか? 目に涙を浮かべ語る所有者の思いとは? 昭和、平成という時代を駆け抜け廃墟となった劇場の貴重な内部も公開される。

※番組情報:『所有者不明!!解決!空き家バスターズ2
2019年2月17日(日)午後 6:30~午後 8:54、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事