テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

演技直前の紀平梨花、プログラム所縁の人物と対面する羽生結弦も!GPシリーズ舞台裏に独占密着

1月27日(日)、CSテレ朝チャンネル2にて『フィギペディア~グランプリシリーズ2018総集編~』が放送される。

五輪、世界選手権と並ぶフィギュアスケートの3大大会「グランプリシリーズ」。そのシリーズを勝ち抜いた世界トップ6による世界一決定戦「グランプリファイナル」で、初出場ながら圧巻の初優勝を飾った紀平梨花(16歳)。その記録は、浅田真央以来13年ぶりの快挙となった。

幼少期に始めた習い事は、エレクトーン・ピアノ・体操・水泳・バレエ・ダンス・フィギュアスケートと多岐にわたっていた。そのなかから、自らの意志でフィギュアスケートを選択し、本格的に取り組み出す。

頭角を現し出したのは、2016年9月「ジュニアグランプリシリーズ・スロベニア大会」。紀平は、トリプルアクセルに成功してみせた。

そして、2018年11月に行われた「グランプリシリーズ第6戦フランス大会」。ショートプログラムで出遅れた紀平だったが、フリーで堂々の逆転優勝。「グランプリファイナル」へ駒を進め、大舞台でも物怖じすることなく代名詞のトリプルアクセルを完璧に成功させるなど、ショートで今シーズン世界最高得点をマーク。同い年の「五輪女王」ザギトワがこれまで保持していた世界記録を2点近く塗り替えた。

そんな「激闘の舞台裏」にカメラは独占密着。演技直前に紀平が行っていたこととは? さらに、再起を誓う本郷理華にも密着している。

また、男子では66年ぶりの2大会連続五輪王者・羽生結弦の戦いも。思わぬアクシデントからファイナル欠場につながるケガを負いながら戦い抜いた「第5戦ロシア大会」を始め、「第3戦フィンランド大会」の戦いなど今季世界最高得点の舞台裏、プログラム所縁の人物との対面の様子など、独自映像とともに放送される。

※番組情報:『フィギペディア~グランプリシリーズ2018総集編~
2019年1月27日(日)よる6時~9時、テレ朝チャンネル2

※CSテレ朝チャンネル2
スカパー!、スカパー!プレミアムサービス、プレミアムサービス光、au ひかり、J:COM、またはケーブルテレビでご覧いただけます。

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事