テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

テレビ朝日アナ、歌うま高校生たちに驚愕!横山だいすけは「毛穴中の毛穴から…」

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるリアリティ・オーディション番組『音楽チャンプ』が、1月11日(金)に3時間スペシャルで放送される。

©テレビ朝日 右は、テレビ朝日入社1年目の住田紗里アナ

今回、テレビ朝日アナウンサーがカラオケ採点マシーンを担いで約3カ月のあいだ全国45都市を行脚。

「小学生」「中学生」「高校生以上」の各ブロックで最高得点を獲得した“歌うま”さんと、審査員推薦枠に選抜された精鋭たちがスタジオで最終決戦を繰り広げNo.1を決める。

◆100点達成者続出!? 全国行脚のテレ朝アナも驚愕

今回、挑戦者の人数が最も多かった高校生以上のブロック。

島根・松江で出会ったのは、声量とこぶしが半端ない森本ゆりあさん(高1)。幼稚園の年中のときから演歌を歌っていたという彼女は、高橋真梨子の名曲『ごめんね…』で勝負。高校生離れした哀愁漂う歌声を披露する。

そして北海道・小樽では、100点を出せるというスーパー演歌高校生・澤口優聖さん(高1)が挑戦。マイナス5度の寒空のなか、選んだ曲は細川たかし『浪速節だよ人生は』。祖父仕込みのこぶしのきいた伸びやかな歌声で100点獲得を狙う。

©テレビ朝日 右は、テレビ朝日入社1年目の並木万里菜アナ

そのほか、“うたのおねえさん”になるのが夢だという、音楽科のある高校に通う斉藤花耶さん(高2・山梨)や、100点を獲れるレパートリーが300曲以上あるという異色の21歳小学校の先生シンガーも大阪で発掘。

全国から選ばれた実力者は、東京で行われる準決勝へと駒を進めるが、決勝戦に進めるのは「高校生以上ブロック」から1名のみ。

決勝戦では、ゲストの横山だいすけが「毛穴中の毛穴から彼女の音楽をもっと聴きたい!」と歌声に大感動する一幕も。はたして、歌うま日本一に輝くのは!?

※番組情報:『音楽チャンプ』3時間SP 全国45都市でカラオケ100点探しの旅! 3000人が超熱唱!! 歌うま日本一決定戦SP
2019年1月11日(金)夜7:00~9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事