テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

恋愛における“お兄ちゃん的存在”の悲哀…。ドラマ『あな渡』で田中哲司が体現

木村佳乃主演で、40代の男女の激しく濃厚なラブ・サスペンスが描かれている土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』

12月1日(土)までに第1話~4話が放送された本作で、木村佳乃演じる主人公・通子に“実は”想いを寄せる中堅建設会社の社長・笠井芯太郎(かさい・しんたろう)を演じているのが、田中哲司だ。

©テレビ朝日

この笠井という男からは、いつの時代も変わることはない“男女の常”が見受けられる。

◆「妹のような」存在、とは言うけれど…

通子とは幼馴染の仲である笠井。通子は笠井のことを“兄のような存在”といい、笠井も通子のことを“みっちゃん”と呼び、妹のような存在として昔から接してきた。

そんな2人が偶然の再会を果たしたタイミング…。それは、通子のもとに突然夫・旬平(萩原聖人)の愛人である多衣(水野美紀)がやってきて、「ご主人をいただきにまいりました」と“略奪”宣言をした直後だった。

夫が6年間に渡り不倫していたことを知り、がく然としながら街を歩く通子のもとに突然、そして偶然に笠井が現れたのである。

©テレビ朝日

2人の関係はやはり“兄・妹”のようで、ふと切ってしまった通子の指を笠井が舐めるなど、お兄ちゃんらしく通子を守るが…。

◆ついに“妹”に愛を告白

しかし、女性の言う「お兄ちゃんみたいな人」は言葉の意味そのままであることが多い反面、男性の言う「妹のような存在」は、あくまで相手のことは“ひとりの女性”として見たうえで言っている場合が少なくないのが世の常。

笠井もそのくちであり、いや、笠井はそんな例からも漏れるほどに通子のことを実は“愛している”。

©テレビ朝日

ちょっとしたお金の相談から、仕事の手助け、メンタルケア、さらには急な送り迎えまで…。通子のことをとにかくサポートする笠井。

その行動の背景には、幼馴染みへの親しみだけでなく、当然“愛”の感情があるのだ。

©テレビ朝日

そんな笠井は、12月1日(土)に放送された第4話でついに通子への想いを告白した。

通子のちょっとした出張を“運転手”としてサポートした笠井。通子が昔話をしながら、「私はいつも笠井さんに助けられてきた」と言うと、笠井はこう返した。

「あのときも今も、僕がみっちゃんと一緒にいたかっただけだ」

これに通子が「もしかして、口説いてる?」とおどけると、笠井は「あぁ、そのために来た」と一言。さらに、「僕は本気でみっちゃんを自分のものにしたいと思ってる。一晩だけでもいいから」と告白する笠井…。

彼は妻帯者であり、通子は当然そのことを指摘するが、笠井はこう続けた。

「妻とは別れた。たった一晩の浮気がバレたんだ。(浮気の相手は)みっちゃんだよ。夢で抱いた。(別の)女を抱きながら、夢でも見るようにみっちゃんばかりが見えてた。みっちゃんとは全然似てない女だったのに…」

まさに、衝撃の告白。別の女性を抱きながら、頭では通子のことを考え、抱いていたというのだ。

この“兄”からの深い告白を明るく受け止め、はぐらかした通子。しかし、戸惑いは消えない…。

笠井が抱いた“別の女性”とは誰だったのか? そして、笠井は本当に妻と別れているのか? 笠井にまつわる衝撃の真相は、12月8日(土)放送の第5話で明らかになる。

※次回放送情報:土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第5話
2018年12月8日(土)午後11:15~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事