テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『カメ止め』女優どんぐり、『リーガルV』でアツアツの存在感!小日向文世と“旧知の仲”の大臣に

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

©テレビ朝日

12月6日(木)に放送される同作第8話に、大ヒット映画『カメラを止めるな!』で注目を集めた個性派女優・どんぐり(竹原芳子)がゲスト出演することが決定した。

『カメ止め』では超テキトーなプロデューサーを演じたどんぐりだが、『リーガルV』では厚生労働大臣・丸山珠美を演じることに。

「大臣! プロデューサーから昇格した。すごい嬉しかったです」と、まさかのスピード出世(!?)に興奮する一方、いつもお芝居で大事にしているという「落ち着くこと。気持ちをアツアツにすること」を忘れず撮影に参加。

翔子を潰そうと目論む大手法律事務所の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)と旧知の仲である珠美を、アツアツの存在感を放ちながら演じた。

◆「テレビで拝見している以上に素敵」米倉涼子と初共演!

©テレビ朝日

主演・米倉涼子とどんぐりは今回が初共演。米倉が中心となり一体感を日々増している撮影現場に立ったどんぐりは、「あたたかさと優しさを感じ、安心できる現場でした」としみじみ。

米倉についても「格好よくて、テレビで拝見している以上に素敵だった。気さくな方でした」と語り、すっかり魅了されたよう。

そんなどんぐりに最近手にした“勝利”について尋ねると、「映画『カメラを止めるな!』に出会ったこと」と即答した。

©テレビ朝日

なお、どんぐりがゲスト出演する第8話から、同作は最終章へ突入。2週連続で、翔子が弁護士資格を失うキッカケとなった“因縁の殺人事件”がフィーチャーされる。

その事件とは、受刑者・守屋至(寛一郎)がNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した事件。

至は自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていたのだが、事件の奥に“隠された何か”があると直感した翔子は、それを探るため本格的に動き出す。

裁判所での勤務経験があるどんぐりも、「毎回、展開が予想外の方向へ行くので、目が離せない」と夢中になっている『リーガルV』。さらなる衝撃展開が続く最終章も目が離せない。

※番組情報:『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話
2018年12月6日(木)午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事