テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『あな渡』水野美紀×青柳翔でスピンオフ!年上女性と年下男性の甘く切ない恋模様

主演・木村佳乃で40代男女の激しく濃厚なラブ・サスペンスを描いている土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』

©テレビ朝日/AbemaTV

今作のスピンオフドラマ『あいつには渡さない』がAbemaTVにて12月1日(土)より独占無料配信されることが決定した。

スピンオフドラマの主人公を演じるのは水野美紀と青柳翔。物語の結末に向けて重要な鍵をにぎる矢萩多衣(水野美紀)と矢場俊介(青柳翔)の本編では描かれない“もう一つの恋物語”が展開される。

◆多衣と矢場はどうして恋人関係になったのか?

©テレビ朝日/AbemaTV

本編である『あなたには渡さない』は、平凡な専業主婦だった通子(木村佳乃)の人生が、夫・旬平(萩原聖人)の愛人・多衣が突然目の前に現れたことで一変するという物語。

通子は旬平と多衣の婚姻届を担保に借りた6000万円で、倒産寸前だった料亭「花ずみ」の女将に就任。元夫となった旬平を板長として雇い、夫を奪った多衣とはときには激しくぶつかり合い、一方でときには共闘しながら、通子は強く・美しく、そして恐ろしく“変身”していく。

スピンオフドラマで描かれるのは、そんな複雑な人間関係のなかでも特に謎に包まれている多衣と「花ずみ」の板前・矢場の2人についての物語。

この2人は、ドラマ前半では「花ずみ」を介して出会った顔見知り程度の関係だった。しかしドラマ後半で、多衣と矢場の間にとんでもないことが起こる。このことが通子、旬平、また通子の幼なじみ・笠井芯太郎(田中哲司)との関係に大きな影響を与えることに。

©テレビ朝日/AbemaTV

最初は、尊敬する板長・旬平(萩原聖人)の奥さんを奪った“憎い女”だと思っていた矢場の多衣への印象が、何をきっかけでどう変わっていくのか。そして、最終的にはどんな関係へ発展していくのか…。

ドラマ本編にも大きく影響する2人の物語を通して『あな渡』の世界観により入り込めることはもちろん、妖艶な魅力を持つ年上女性と料理一筋の不器用な青年との恋模様に胸がときめくことも必至。本編ともに見逃し厳禁だ。

◆水野美紀(矢萩多衣・役) コメント

「最近は放送後のスピンオフやチェーンストーリーなどが定着してきていますね。青柳さんとは初対面ですが、最初は役柄のせいもあり、無口な二枚目という印象でしたが、スピンオフの芝居を見て、あぁどちらかというと三枚目のキャラが得意な方なのだなと印象が変わりました。ひょうひょうと面白い芝居をされる方ですね。

スピンオフではそんな彼の持ち味が存分に活かされていると感じます。監督は『往年のトレンディードラマみたいなイメージで』と言うので、芝居もそれを意識して、脳内で小田和正さんの曲を鳴らしながらやっています。

青柳さんが、ストーリー的に全く必要性が無い(笑)シャワーシーンにまで、張り切って挑んで下さっていますし、監督も本編の監督に負けないくらいの熱量でこだわりを発揮しているので、本編の雰囲気とはまた別の、少しライトタッチで面白いスピンオフに仕上がっていることと思います」

◆青柳翔(矢場俊介・役) コメント

「台本を読んだら本編と違うテイストだったので、撮影に入るのをすごく楽しみにしていました。水野さんは本当に凛としていて堂々としていて、本当に素敵な女性だなと思います。

こちらは本編とはまた少し違うニュアンスで、もう少しライトな方向性になっています。1話では元カノがなぜか「花ずみ」に乗り込んできますし、なぜか僕が脱ぐシーンがありますし(笑)。

くだらなくて笑える内容になっていると思いますし、本編で『どうしてこうなったのか?』と思うことがスピンオフである程度…いや、3分の1は解明されますので(笑)。ぜひドラマ本編と平行してスピンオフも楽しんで見ていただけますとうれしいです」

※番組情報:土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない
     【AbemaTVオリジナル】『あいつには渡さない
2018年12月1日(土)深夜0時05分配信スタート

※配信・放送情報
全3話を地上波放送終了直後からAbemaビデオで独占無料配信スタート!
12月1日(土)深夜0時05分から 第1話
12月8日(土)深夜0時05分から 第2話
12月15日(土)深夜0時05分から 第3話

また、以下の日時にAbemaSPECIALチャンネルでも独占無料放送決定!
12月3日(月)23時50分から 第1話
12月10日(月)23時50分から 第2話
12月17日(月)23時50分から 第3話

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事