テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

天木じゅん、水着で縄跳び!「にゃんこスター」のネタをアンゴラ村長とコラボ

クルマという空間を舞台に、ゲストが普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する番組『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日)。

©BS朝日

8月25日(土)に放送される同番組には、お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長とグラビアアイドルの天木じゅんが登場する。

同じ事務所に所属する2人。今回は納涼ドライブということで、まずは顔よりも大きい“マンゴーかき氷”を堪能し、最後はプールへ。

グラビアポーズを伝授され、アンゴラ村長が水着姿でセクシーポーズに挑戦。そして、にゃんこスターのネタを天木とコラボレーションする。

 

◆仕事のオファーが2、3カ月で800件

アンゴラ村長は、スーパー3助と2017年5月にお笑いコンビ「にゃんこスター」を結成。その5か月後に出場した『キングオブコント』で準優勝し大ブレークした。

「次の日に出掛けたら、『昨日見ました。面白かったです』と知らない人から声を掛けられて怖かった」「仕事のオファーが2、3カ月で800件きた。寝る時間もなかった」と突如ブレークした当時を振り返る。

また、「『アメトーーク!』に出たときは、入り時間の3時間前から近くの喫茶店でシミュレーションした」など、人気番組に初出演したときのエピソードも語られる。

 

◆天木じゅん流SNS活用術「ニュースになることが大事」

一方の天木は、17歳のときに地下アイドルでデビューし、その後“Iカップ”人気グラビアアイドルに。「胸がずっとコンプレックスだった。でも雑誌のグラビアで反響が良くて、迎えてもらえる体を持っていたんだって思って、見せ方を勉強した」という。

また、天木は告知などのためにインスタグラム等SNSに力を入れているが、「SNSがきっかけで仕事が増えた。家でのんびりするくらいなら発信する」と熱く語る。

※番組情報:『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~
2018年8月25日(土)午後10:59~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事