テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

KAT-TUN中丸、意外に“子ども好き”なバカリズムの2歳児へのボケに感心

バカリズム、中丸雄一(KAT-TUN)、カズレーザー(メイプル超合金)の独身男性3人が家事を学ぶバラエティー番組『家事ヤロウ!!!』

毎週火曜の深夜に放送されている同番組が、7月6日(金)に初めて全国ネットでスペシャル番組として放送されることが決定した。

©テレビ朝日

3人が将来のために“主婦が旦那にやってほしい家事”を徹底的に学び、家事が完ぺきにできる“好感度夫”を目指していくという同番組。7月6日(金)の放送では「バカリズム×中丸×カズレーザー 独身男が家事お勉強SP」と題し、卵料理とスーパーでの買い物について学んでいく。

 

◆芸人宅でさまざまな卵料理に挑戦!

今回のスペシャルでは話題の父娘漫才コンビ・完熟フレッシュの自宅を訪れ、簡単で役立つ絶品卵料理について勉強していく。

ロケ後に3人が「こんなに卵をたくさん食べるとは!」と口を揃えたように、目玉焼き、卵かけご飯、名店風厚焼きたまごサンド、温泉たまごなど、ついつい美味しくて食べすぎてしまう卵料理が登場。

またスーパー買い物選手権では、妻から「サラダとカレーを作るからお買い物してきて」と頼まれた3人がスーパーで買い物に挑戦する。スーパーでの品物選びに役立つ、主婦も驚きの情報が満載だ。

 

◆中丸は“ちっとも出来ないヤロウ”だった

そして、スペシャルの収録を終えた3人が、番組の見どころやこれまでに学んだ家事スキルなどを振り返り感想を語った。

番組スタート当初は一番の“家事ヤロウ”だと思われていた中丸。卵焼き用フライパンを買ったり、ロケでやったことをさっそく家で実践してみたりとモチベーションは高いものの、カズレーザーが「世間と比べるとそこまででもなかった(笑)」と言うように、実は“ちっとも出来ないヤロウ”だったことが判明。

また、ロケを重ねるなかでバカリズムが意外にも子ども好きだったことにカズレーザーと中丸が気づき、驚いたそうだ。

そしてカズレーザーは、「番組に出てくれたような幸せな家庭を築けたらいいな」と番組を通して芽生えた結婚願望を明かすなど、面白話が多々飛び出した。

 

◆バカリズム コメント

「こんなに卵を食べるとは思わなかったです(笑)。昔、卵は“一日一個”とされていましたが、最近はそうでもなくなったんですよね。だからってこんなに食べるとは…(笑)。この番組で学べる家事や料理のテクニックって、本当に誰でもできるものばかりだし、面倒くさがりの我々でも作れそうなものがいくつかあるので参考になります。

『家事ヤロウ!!!』ってどの時間帯で放送してもいい番組だと思うんです。スペシャルだからと構えず、いつも通りに収録に臨めた気はしています。いつもより長い時間、たくさんの方々に見てもらえるのはとても嬉しく感じています。スペシャルもいつも通りの面白さですので、初めて見る方はこれをきっかけに通常回も見てもらえたらと思います」

――番組がスタートしてからお互いの印象は変わった?
「カズレーザーは家事の得意不得意よりも、クイズに正解することに尽力している(笑)。自分の持っている知識で正解できちゃうし、説得力もあるので、心強いですよ。

中丸さんは僕らの中でも一番の“家事ヤロウ”だと思っていたんですが、実はそんなでもないことがわかってきたというか…(笑)。

(ふたりから、意外に“子ども好き”と言われて…)子どもは好きですね、たしかに!子どもというか人生の後輩として見ているんですよね、ただのすごい年下(笑)。自分にない感覚も持っているから、何を考えているのか興味があるんです」

――これまでに番組で得たスキルで、自分でも実践したもの
「ごめんなさい、一個もないです!(笑) すごく役立つものばかりだし、参考にはなるんですけど…やっぱり家ではやらないんですよね…。いつか誰かの家に行ったときや、誰かがうちに遊びに来たらやってみようかな。

でも一番びっくりした家事スキルは、ゆで卵の殻を一瞬で剥いてしまうワザです! あれは3人ともびっくりしたはず!」

――番組をやってみて、家庭や結婚に対する意識は変わった?
「家庭っていいな、って思いますね。奥さんがいて子どもがいる生活って温かいな、と。みんな家に写真を飾っていたりして、幸福度が高い印象です(笑)。

家によって部屋のインテリアが違って、そういうのを見ながら「あぁこの部屋は奥さんの意向が反映されてるんだな」とか考えるんですけど、もし僕が結婚したら、インテリアは僕の趣味も取り入れたいなって強く思いました(笑)」

 

◆カズレーザー コメント

「僕もこんなに卵を食べると思っていませんでしたが、今までで一番美味しい料理でした。しかし、スペシャルなのに、これまでに輪をかけて“庶民の家庭”にお邪魔した感じです(笑)。

『家事ヤロウ!!!』は、どの視聴者の方々よりも僕らがリラックスして収録している番組です。みなさんも肩肘張らずに楽しんでいただけたらと思います。

――番組がスタートしてからお互いの印象は変わった?
「バカリズムさんがめちゃくちゃ子ども好きだということがわかったのが意外でしたね。たぶんパブリックイメージとまったく違うところだと思います。そんな好感度良いことってあります? 『実は子ども好き』って…(笑)。僕らも出したいですよ、そういうところ。

僕もこの中では中丸さんが一番家事ができると思っていたんですけど、世間と比べるとそこまででもなかった(笑)」

――これまでに番組で得たスキルで、自分でも実践したもの
「一緒に住んでいる後輩が洗濯物を干してくれるのですが、それを見て『あ、Tシャツってたしかこれじゃない干し方のほうがいいんだよな』って思ったりはしました(笑)。でも、だからといってそれを干し直したりするかといえば、それはしない! まだ僕らにはそれは早いですから(笑)。

――番組をやってみて、家庭や結婚に対する意識は変わった?
「この番組でお邪魔しているお宅のような幸せな家庭を築けたらいいな、とは思います。でも、僕は結婚したらお手伝いさんを雇いたいかな。こんなに(家事という)大変な仕事を毎日やらせるのはかわいそう! お金で解決できることならば、そうしてあげたいですね」

 

◆中丸雄一 コメント

「基本的には家で誰でもができる、という料理テクニックばかりだったので、また今日もとても勉強になりました。『家事ヤロウ!!!』は、家事ができる人も、できない人も楽しんでいただける番組です。個人的にはひとり暮らしの男性にたくさん見ていただきたいなと思っています。ぜひご覧ください!」

――番組がスタートしてからお互いの印象は変わった?
「バカリズムさんは、ある一部分で突然“ガッ”とテンションが上がるということがわかりました。今日はフライパンの上でバターが溶ける様子を楽しそうに見ていましたよね(笑)。あと、バカリズムさんが子ども好きというのは、僕も意外でした。2歳の子どもに『この2年を振り返ってどうだった?』って聞いていたのは面白かったですけど!

カズさんは家事や料理をしないと言っても、元々頭がいいし、推理力があるので家事クイズとかには正解してしまうんですよね」

――これまでに番組で得たスキルで、自分でも実践したもの
「卵焼き用に四角いフライパンを買いました。あと、スクランブルエッグなど簡単なものは翌日やってみました。すぐにやっておかないと忘れてしまいますからね!」

――番組をやってみて、家庭や結婚に対する意識は変わった?
「料理ができる男性はいいなと思うので、この番組ではもっと料理を勉強して将来に役立てたいですね! まだ卵料理しか学んでないですからね」

※番組情報:『家事ヤロウ!!!』バカリズム×中丸×カズレーザー 独身男が家事お勉強SP
2018年7月6日(金)よる11:20~0:20、テレビ朝日系(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事