テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

今田耕司・指原莉乃MCの『弁護士といっしょです』、SPで初の夜10時台放送

今年4月からスタートした今田耕司と指原莉乃がMCを務めるバラエティー番組『弁護士といっしょです』

6月16日(土)に放送される同番組のスペシャルでは、通常よりも多い4人の弁護士がスタジオに待機。ゲストに三田寛子・薬丸裕英・峰竜太を迎え、世の中の人が気になっていることを街頭インタビューで徹底調査する。

©テレビ朝日

同番組では、インターネットで募集されている謎の超高額アルバイト求人や、SNSに来る美女からの出会い系スパム、ネットショッピングサイトの“やらせレビュー”など、普段の生活のなかでよく目にする、気にはなるけどちょっと怪しいサービスや商品、求人の実態を弁護士とタッグを組んで徹底調査。

騙されたり詐欺に遭ったりしないための見分け方や対処法をレクチャーしてきた。

 

◆0円物件、SNS…気になる疑問に弁護士陣が答える!

今回は、「0円でもらえる住宅『ゼロ円住宅』って、一体どういうこと?」「本当にタダ同然でもらえるものなの!?」という疑問を調査。すると、そこには空き家が増えてしまう日本の現状と、空き家を1軒でも減らしたい自治体のある思いがあった。

番組では、都内に実在するゼロ円住宅を訪れ、家の中の状態を徹底リポート。いくらの価値があるのかも試算する。

また、今や日常生活に欠かせないが、同時に多発してしまっている「SNSトラブル」。街頭インタビューでもさまざまなエピソードが出てきた。「『のせないで』と言ったのに自分の顔が勝手に投稿されてしまった」これは犯罪? 「投稿が炎上して学校まで特定された」これは損害賠償の対象になる? そんな気になる法律について弁護士陣が解説する。

©テレビ朝日

◆「もしあのとき、訴えていたら?」もしもの値段も教えます

そして、過去トラブルに巻き込まれた芸能人が「もしもあのとき、訴えていたらいくら取れたのか?」を弁護士がジャッジする企画も登場。

「お寿司屋さんの時価ネタで会計が言われていた3倍になった!本当に全額支払わなければいけなかったのか?」と質問した峰竜太は、弁護士からの意見に驚きの表情を浮かべる。

さらに、はるな愛もVTR出演し、「大人数の予約を無断キャンセルされたのを訴えた場合、いくら取れたのか?」を相談。飲食店の「無断キャンセル」問題は度々話題になるだけに、うっかりキャンセルの連絡を忘れてしまった場合、訴えられてしまうのか全員興味津々だ。

それに対して、一斉に金額を提示しそれぞれの見解を述べていく弁護士陣。笑えて勉強にもなること必至だ。

※番組情報:『弁護士といっしょです
2018年6月16日(土)午後10:10~11:10、テレビ朝日系24局(※一部地域は放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事