テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

片桐仁、元ラーメンズ相方に背中を押され“粘土アーティスト”の道へ。作品に黒柳徹子も仰天

6月17日(金)の徹子の部屋に、片桐仁が登場する。

片桐は個性派俳優として活躍しているが、元々は美術大学出身。

小さい頃に建築士である父親に連れていかれた「ゴッホ展」に影響を受け油絵に目覚めたが、美大の入試で絵画学科を志望するも叶わず、滑り止めで受けていた版画科に入った。

大学では絵を褒められたことはなく落胆していたところ、たまたま授業中に創作した彫刻だけは大好評だったとか。

在学中に友人と結成したコントグループ・ラーメンズの活動中に、週刊誌から連載の話があった片桐。

その内容に悩んでいると、相方から「お前には造形しかない! 粘土で毎週作品を創れ」と背中を押され、結果20年以上に及ぶ“粘土アート”作りが始まったそう。

そして、作品展「ギリ展」は全国で開催され、約8万人が来場。2019年には台湾でも開催される程に。今回はスタジオにも黒柳徹子仰天の粘土作品が並ぶ。

また、2人の息子と共同で創作するYouTube「ギリちゃんねる」での様子も紹介。さらに、今後の夢という“地獄テーマパーク”構想も語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年6月17日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事