テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『特捜9』season5、遂にスタート!20th Centuryが歌う主題歌も放送内で解禁

本日4月6日(水)、井ノ原快彦主演『特捜9』の新章であるseason5がスタートする。

最新作でも、個性が強すぎることでおなじみの特捜班メンバーが、相変わらず衝突しながらも事件解決という同じ意識を共有し、全力で捜査に当たる。

加えて、第1話からさっそく浅輪直樹(井ノ原快彦)と新藤亮(山田裕貴)との関係性の変化を予感させる場面や、前シーズンでめでたく結婚へと進展した小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)の様子など、シリーズの“縦軸”の部分もさらに深みを増していく。

◆濃密で奥深いサスペンスフルなストーリーが展開

第1話「仮面の銃弾」は、警察官が銃を奪われ、後頭部を撃たれて死亡するという殺人事件から物語がスタート。

国木田誠二班長(中村梅雀)や浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は捜査を開始するが、新たな殺人が起きて…。

小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)たちの懸命な捜査で、不審な“マスク姿の男”が現場付近をうろついていたとの目撃談を得るが、なんと第三の事件が発生! そして防犯カメラには例の“マスク姿の男”が映っていて…。

行き詰まる捜査。残る弾丸は、あと2発。はたして、次は誰が狙われるのか?

◆向井康二&深川麻衣、新キャストとして登場!

さらに今シーズンからは、新たな若手キャストも参加!

村瀬が副所長を務める警視庁内新部署「捜査支援分析センター(SSBC)」に所属し、特捜班の捜査をサポートする新鋭・三ツ矢翔平にSnow Manの向井康二が扮する。

明るく少し天然、思ったことをつい口に出してしまい、周りの空気を一変させることもあるが、なぜか憎めない性格の持ち主で、直樹にあこがれを抱いている役どころ。彼と直樹とのほほえましいやり取りにも注目だ。

そして、聡明で正義感の強い若き女性刑事・高尾由真を演じるのは元乃木坂46の深川麻衣。クセ者だらけの特捜班メンバーにどのように関わっていくのか?

なお、これまでのシーズンの主題歌はすべてV6の楽曲が使用されてきたが、今回は20th Centuryの新曲『夢の島セレナーデ』に決定。

井ノ原とも交流のあるバンド「サニーデイ・サービス」の曽我部恵一が提供したこの楽曲の全貌は、放送内で解禁される。

※番組情報:『特捜9 season5』第1話 拡大版
2022年4月6日(水)よる9:00~10:04、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事