テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

“バイス”木村昴、本人役で『仮面ライダーリバイス』に登場!「この感動は一生忘れません」

宿敵の“ギフ”が復活し、ますます大きな盛り上がりを見せている仮面ライダーリバイス

なんと4月10日(日)放送の第30話と4月17日(日)放送の第31話に、悪魔・バイスの声でおなじみの声優・木村昴が本人役で登場。2週連続の顔出し出演をはたすことが決定した。

また、第30話には人気声優の2人、鈴村健一と神谷浩史がそろって出演。

さらに第31話には、今作で悪魔・ラブコフの声を演じている伊藤美来とベテラン声優・堀川りょうが登場する。

◆木村昴、本人役での顔出し出演に感激!

第30話&第31話は主人公・五十嵐一輝(前田拳太郎)の過去の記憶にまつわるストーリーが展開し、一輝のキャラクターが深堀りされていく内容に。

そんなストーリーの中で木村が演じるのは、“木村昴本人”ではあるものの、一輝が高校時代に所属していたサッカー部の先輩という設定が加味された役どころ。

木村は声優のほかに劇団の座長という顔も持ち、最近では『泣くな研修医』(2021年)などの連続ドラマや大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)にも出演。その演技は堂に入ったもので、今作でも緩急巧みに一輝の先輩役を体現する。

木村は今回の出演オファーに「夢みたいです」と感激。「バイスってあんなに格好よかったんだと、共演しあらためてその魅力に気づかされた撮影でした。そして前田くんをはじめとする、キャストの皆さんのお芝居を真正面で見ることができた感動は一生忘れません」と、最高の笑顔で撮影を振り返る。

◆特撮大好き声優2人が、ラジオ番組のパロディーで登場!

また、第30話に登場する鈴村健一と神谷浩史は、かつて特撮番組でのレギュラー出演歴もあり、特撮作品との関係がとても深い人気声優。

今回、2人はラジオパーソナリティー役を演じるが、実際に彼らが出演しているラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』(文化放送)をパロディー化しているとのこと。文化放送のスタジオで本物さながらにロケが行われ、その仕上がりに注目だ。

◆伊藤美来&堀川りょうも本人役で出演!

そして、伊藤美来と堀川りょうは第31話のカギを握る架空のアニメ番組のアフレコシーンに登場し、本人役を演じる。

伊藤は悪魔・ラブコフの声を務めているが、生粋の特撮ファンとあって「とにかくうれしくて人生の宝になると思いました」とオファーに大興奮。

女優としてドラマに出演するのは今回が初体験で、「大好きな作品が生で作られている現場を見てテンション上がりまくりでしたが、いざ自分の出番になると、緊張で体が震えました。いつもアフレコしているスタジオがまったく別の場所に見えたくらいです」と愛する作品だからこそ真摯に撮影に取り組んだことを明かす。

※番組情報:『仮面ライダーリバイス』第30話
2022年4月10日(日)午前9:00~9:30、テレビ朝日系24局

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事