テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・佐々木彩夏、勝利の秘訣は“お菓子のもぐもぐタイム”!? 大緊張の高城れには手が震えまくり!

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは前回に引き続き、「第5回ももいろ歌合戦定点観測」と「炬燵(こたつ)でまったりゲーム大会」の2本立てでお届け。

定点カメラには豪華ゲストが、そしてゲーム大会ではももクロメンバーがご褒美をかけ、まったりかつ、白熱の闘いを繰り広げる!

◆ももクロ、2021年最後の定点観測!

『ももクロChan』の名物コーナー「ライブ会場の一角にカメラを置いたら○○が撮れました」、通称「定点観測」は会場の舞台裏に定点カメラを置いて、ライブの舞台裏のももクロの様子が見られるというもの。

今回は、昨年の大晦日に多数の豪華ゲストを招いて行われた『第5回 ももいろ歌合戦』の舞台裏に定点カメラを設置。

定点カメラに最初に現れたのは、芸人・ヒコロヒーだ。

ももクロたっての希望で出演したヒコロヒーだが、「ももクロちゃんは私のことをいくら好きだと言っても、ももクロちゃんのお客さんがワシのこと好きかはまだ一切わかりません」と飄々と答える。モノノフもヒコロヒーのことを好きに決まっているのに、なんとも“らしい”コメントだ。

虎ノ門をPRするゆるキャラ・カモ虎課長に続き、ようやく現れたのはももクロメンバー! 休む間もなく出番と準備を繰り返す彼女たちがようやくカメラの前に来てくれた。

なぜか定点カメラの前で休憩していた福岡ソフトバンクホークスの石川柊太投手と、玉井詩織と高城れにの3人が並ぶ。

モノノフで“あーりん推し”の石川投手は、玉井に「紅組(応援)だよね?」と釘を刺され、「あーりん、わっしょい!」と喜ぶのだった。

そこへ、百田夏菜子が合流。

玉井「よいお年をみんなー! ありがとう『ももいろ歌合戦』楽しいよー!」

百田「2021年ありがと〜。2022年もよろしくねー!」

高城「今年の夢は全部叶えました(笑)」

3人の様子からも『ももいろ歌合戦』の盛り上がりが伝わる。

◆業界内モノノフが続々登場!

続いて、浪江女子発組合の愛来と播磨かなが登場。

愛来は、2012年のライブ『ももクロ秋の2大祭り〜女祭り2012〜」に観客として来たとき振りに、今回の『ももいろ歌合戦』の会場でもある日本武道館を訪れたという。

播磨に「聞いてください。私、夏菜子ちゃんとお話しできました」と報告する愛来。「夏菜子ちゃんみたいにお願いします」と頼んでカットしてもらった前髪を、百田に「かわいい、似合ってるー」と褒められたことを自慢する。

そのあとも自分の私服に赤が入っていることを示して「かなこ推し」をアピール。一方、「あーりん推し」にもかかわらずピンクを着てなかった播磨は、マスクを少しずらして桃色に染まった頬を見せてはにかんだ。

そして、BOYS AND MENの6人が登場。

ここにも強烈なモノノフがまたひとり…。高城推しの本田剛文は「れにちゃんとウマ娘のコラボが最高でした。うまぴょい。馬息子です」と自己紹介。高城が出演しているゲームで高城とコラボしたことにうれしそうな様子。

メンバーの小林豊が「来年はももクロちゃんの歌をカバーして歌いたい!」と『ココ☆ナツ』を歌うと『ココ☆ナツ』があまりにももクロの代表曲だったので「上澄みすくったような選曲やめてください」と注意する本田。

逆に「じゃあ何がいいのよ? おまえマジのモモノフだもんなー」と聞かれると、「ほんとに一番聴いたら泣いちゃうのは、『キミノアト』です」と告白した。

今回は、たくさんのモノノフに愛されるももクロを実感できる定点観測となった。

◆緊張で手を震わせるれにちゃん

続いてのコーナーは、前回に引き続き「炬燵でまったりゲーム大会」。次の仕事へ向かう直前の東京03・飯塚悟志とともに、玉井と佐々木彩夏と高城の3人がさまざまなテーブルゲームを遊ぶのだ。

今回やるのは「元祖ぐらぐらゲーム」。サイコロを振り出た目の色のコマを、グラグラ揺れるタワーのその色の段に置いていくというもの。バランスを崩し倒してしまった人がひとり負けというルールだ。

「俺もう全然いられないけど」と次の仕事の時間が迫っていて焦る飯塚に、「巻いていこう」と言う高城。これには飯塚も呆れて「巻きでやるゲームじゃないでしょう」とツッコんだ。しかも急いでやろうと自分から言ったにもかかわらず、高城は自らタワーを倒してしまう。

その後も高城は倒しまくり。画面でわかるほどに手を震わせながら、コマを置く高城。ようやく気づいたゲームのコツを話すも「それはなんとなくわかってた」とあしらわれてしまうなど、いつものマイペースぶりの本領を発揮する高城だった。

◆あーりんお菓子食べまくりでエネルギーチャージ!?

今回のまったりゲーム大会、実は賞金1万円とプリペイドカード5千円分がかかっているため、全員本気モード。しかし、佐々木が絶好調で一歩リードする展開だ。

そんな佐々木のゲーム攻略の秘訣は、お菓子かもしれない。テーブルに用意されたお菓子を次々に、もぐもぐと食べる佐々木。糖分をゲットで、集中力が増しているのかも。

おまけに佐々木は目の前のゲームを見て「これ、ももクロバージョンとかでコラボして作りたい。4色だからできるよ」とナイスアイデアまで披露。これはぜひとも実現してほしいコラボだ!

次回はぜひ高城も食べて、集中力をアップさせてほしい…!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年3月11日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事