テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

宮崎美子、コロナ禍では“時間割”を作って勉強。みごと世界遺産検定1級に合格

3月9日(水)の『徹子の部屋』に、宮崎美子が登場する。

熊本大学在学中に女優デビューした宮崎。

当時は学業と仕事の両立が大変で、東京から熊本の大学へ飛行機で通ったこともあったとか。

何事にもまじめに向き合う性格の宮崎は、コロナ禍のおうち時間を充実させるため、学校のように時間割を作って過ごしたそう。

「社会科」の時間は世界遺産を勉強。多いときは1日5時間ほど勉強し、見事に世界遺産検定1級に合格した。

「家庭科」では中学時代に作った割烹着で料理実習。自分で刺したという胸とポケットの刺繍は当時のものとは思えない鮮やかさを残している。

スポーツは苦手でも体を動かすことは好きな宮崎。

小さい頃は木登りが得意だったので、ボルダリングにもチャレンジした。初日は指が腫れて痛かったが、今まで体験したことがない感覚で楽しかったという。

またバッティングにも挑戦。物持ちのいい宮崎は大学時代に着ていた赤いジャージでバットを持つ。番組では、若々しいその姿が映像で披露される。

そして、デビューから40年が過ぎ、新人の頃に占い師が言っていたことが「当たっていた!」と告白する宮崎。笑いながら語ったその内容とは?

※番組情報:『徹子の部屋
2022年3月9日(水)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事