テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『愛しい嘘』第6話で最大の嘘がバレた雨宮(林遣都)。それでもアレだけは嘘とは思えない【ネタバレ有り】

<ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』第6話レビュー 文:横川良明>

雨宮(林遣都)、あなたがついた嘘はなんなの…?

ついに雨宮の正体の一端が明らかになった金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』第6話。物語はいよいよ佳境へと突き進もうとしている――。

◆偽雨宮の正体は誰? 本物の雨宮は今どこに?

望緒(波瑠)が抱いた「違和感」。それは、目の前にいる雨宮が、中学時代ずっと見つめていた雨宮ではないということだった。

違いは、耳の形。もしも目の前にいる男が顔を変え、雨宮の名を騙っていたとしても、耳の形までは変えられない。あの頃、密やかな恋心を胸に、雨宮の横顔をスケッチし続けた望緒だから気づけた違いだった。

これで、雨宮が本物の雨宮でないことはほぼ確定だろう。14年前の祭りの夜、望緒を送ったあとのことを雨宮は覚えていないようだったし、稜(溝端淳平)の聞き込みによると、1年前頃から人が変わったようになっているらしい。

女性たちから金をせしめ、借金もかさんでいたはずが、今やIT社長。信じられない豹変ぶりだけに、きっとこの段階から偽雨宮に入れ替わっていると考えられる。

なぜ偽雨宮は、雨宮になりすましたのか。偽雨宮の正体は誰か。偽雨宮のついた嘘が、今後の最大の焦点となる。

おそらく偽雨宮は、中野幸なんだと思う。ただ、中野幸がなぜ雨宮の名を騙らなければいけなかったのか。火事の復讐のためだけなら、そんなまどろっこしいやり方をとらなくてもよかった気はする。

そもそも、本物の雨宮は今どこにいるのか。雨宮になりすますために、中野幸がすでに殺害しているのか。あるいはお金にがめつい雨宮のことだ。中野幸に買収されて、どこかで身を隠している可能性もある。

謎を解き明かす鍵は、雨宮がタイムカプセルに入れた携帯電話と、古堀(木村了)が握っていそうだ。偽雨宮はなんとなく携帯電話についてあまりふれてほしくないような素振りだった。あそこに何か見られてはいけないものが他にあったのだろうか。

そもそも少年時代の雨宮はなぜ携帯電話をタイムカプセルに入れたのか。この携帯電話は今後のキーアイテムになりそうだ。

◆ここに来て偽雨宮のことを信じたくなっている自分がいます

また、古堀が玲子(本仮屋ユイカ)のマンションに嫌がらせのビラを貼ったり、中野幸の親戚宅までつけていったのは、偽雨宮の指示だろうか。でもそう考えると、ちょっと引っかかるのは、古堀が望緒まで襲ったことだ。

なぜなら、偽雨宮が嘘をついているのは間違いないが、すべてが嘘というようにも見えない。謎だらけの彼の偽りのない真実。それは、望緒への気持ちだ。

稜と言い争いになったとき、偽雨宮は言った。

「僕はずっと望緒を想ってきた。そのために努力だってした。たまたま近くにいただけの君とは違うんだよ!」

いつもスマートな偽雨宮が、初めて感情的になって声を荒げた。あの言葉がどうしても嘘とは思えない。この男が雨宮なのか、中野幸なのか、それともまた違う誰かなのかはわからないけど、少なくとも愛する望緒を危険にさらすような指示を古堀にするとは思えないのだ。

だとしたら、仮に偽雨宮の正体が中野幸だったとしても、イコールこの一連の事件の首謀者ではないように見える。そもそも復讐の動機となったと仮定される火事についても、本当に稜たちの花火が出火の原因だったのか確定はできない。そもそも中野幸は虐待を受けていたという証言もある。彼にとって、家族が大切なものだったとは限らない。

もし中野幸が虐待を受けていたら、両親の死は彼にとって僥倖だったとも考えられる。なんなら、あの火事は花火が原因ではなく、暴力から解放されるために中野幸自らが火を放った可能性も残されているのだ。

つまり、偽雨宮が顔を変えてまで望緒たちの前に現れたのは、決して復讐のためではなく、ただただ望緒のことが好きで、その想いを叶えたくて、望緒が好意を寄せていた雨宮の姿を借り、同窓会を計画したのかもしれない。「そのために努力だってした」というのは、そういう意味だろう。

でもそうなってくると、物語の全貌が一気に変わってくる。もはや進めば進むほど帰り道さえわからなくなる迷路に迷い込んだ心境だ。

なぜだろう。ここに来てさんざん怪しかった偽雨宮のことを信じたい気持ちになっている。雨宮はそんな悪いやつじゃないよと庇いたくてしょうがないのだ。

だって、望緒に嘘を見破られ、その場を立ち去った偽雨宮は、悲痛な声で泣き叫んでいた。あれは、復讐計画が崩れた怒りの咆哮には見えない。ただただ愛しい人との幸福な時間がその手からこぼれ落ちてしまったことへの慟哭のようだった。

もし偽雨宮のついた嘘が「自分は雨宮ではない」ということだけで、望緒への気持ちは真実だとしたら、少なくとも優美(黒川智花)の不倫相手は偽雨宮ではなくなる。また、望緒にずっとファンレターを送り続けてきた「クロ」とは偽雨宮のことだろう。

でもだからと言って、今さら稜が不倫相手ということも考えにくく、真実のパズルを完成させるには、あともう1ピース足りないもどかしさがある。

結局足りないのは本物の雨宮なんじゃないだろうか。最低のクズ野郎である雨宮は今どこで何をしているのか。優等生だったはずの雨宮はなぜそこまで転落してしまったのか。それがわかったとき、ようやく真実が見えてくる気がする。

ま、そんなこと言いつつ、結局この偽雨宮が犯人で、望緒への気持ちも嘘だし、優美ともゴリゴリ不倫していたら、間違いなく僕の男を見る目は節穴。ダメ男に騙される可能性200%になっちゃうので、お願いだから偽雨宮はいい人でいてください!!(文:横川良明)

※『愛しい嘘~優しい闇~』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~
【毎週金曜】午後11:15~深夜0:15放送、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事