テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

新日本プロレス50周年にふさわしいビッグマッチ!オカダ・カズチカ、内藤哲也との防衛戦に挑む

新日本プロレス『LECクリンぱっ! Presents 新春黄金シリーズ』北海道・北海きたえーる2連戦。2日目となる2月20日(日)の大会では、メインイベントでオカダ・カズチカと内藤哲也による“IWGP世界ヘビー級選手権”が開催される。

2021年の「G1 CLIMAX」覇者であるオカダは、IWGP世界ヘビーへの挑戦権利証の代わりとして4代目のIWGPヘビー級王座を持ち出し、波紋を呼んだ。

だが、1.4東京ドームで鷹木信悟を撃破してIWGP世界ヘビーを初戴冠すると、オカダは4代目IWGPヘビーのベルトをリング中央に置き、「ありがとうございました!」と一礼。思い入れの深いIWGPヘビーに、しかるべき場所で別れを告げるため、ベルトを保持していたのだった。

そして翌日の1.5東京ドームで、オカダはIWGP世界ヘビーの初防衛戦としてウィル・オスプレイを迎撃。スケール感あふれるファイトの末にオスプレイを下して初防衛に成功すると、その眼前に現れたのが、同大会で難敵ジェフ・コブに勝利を収めた内藤だった。

内藤が「いま、新日本で1番強い男は間違いなくオカダだよ。だからこそ、そんなオカダを感じてみたい。だからこそ、そんなオカダの持つベルトにチャレンジしたい。次のタイトルマッチの相手、内藤哲也でどうだ?」と挑戦をアピール。

すると、オカダは場内の反応を確認してから「この歓声を聞いたら、問題ないでしょう。オカダ・カズチカ対内藤哲也、決定でいいんじゃないでしょうか、50周年にふさわしいんじゃないでしょうか」と呼応した。

これまで両者の対戦戦績は5勝5敗。若手時代から切磋琢磨し、40周年記念大会や東京ドームの大舞台など節目で激闘を繰り広げ、直近では2020年の1.5東京ドームで対戦。そのときは内藤がデスティーノで勝利を収めている。

それ以来、約2年ぶりの対決。50周年の新日本を背負う決意を表明したオカダとしては、ここでいきなりつまずくわけにはいかない。一方の内藤も、2021年はシングルで結果を残せなかっただけに、ここで巻き返しを図りたいところ。

実力と人気を二分する両雄による闘いが、50周年最初のシリーズで繰り広げられる。

◆“NEVER無差別級6人タッグ王座戦”のリマッチが実現!

そのほか、セミファイナル(第7試合)では、NEVER無差別級6人タッグ王座戦が開催。王者チームの後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOHが挑戦者チームの“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&SHOを迎え撃つ。

第6試合は「KOPW 2022」争奪戦として、保持者の鈴木みのると挑戦者・矢野通が激突。第5試合は棚橋弘至&真壁刀義&永田裕志&本間朋晃の本隊カルテットが、SANADA&鷹木信悟&高橋ヒロム&BUSHIの「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」と対決する。

第4試合は天山広吉がグレート-O-カーンと激突。第3試合は石井智宏が「ヤングライオン」の大岩陵平を引き連れ、タイチ&DOUKI組との対戦となる。

第2試合は前日の2月19日(土)北海きたえーるでIWGPジュニアタッグ王座戦を行うロビー・イーグルス&タイガーマスクと石森太二&エル・ファンタズモに、それぞれ中島佑斗、邪道が加わった6人タッグが開催。

そしてオープニングマッチでは、マスター・ワト&田口隆祐&小島聡がエル・デスペラード&金丸義信&TAKAみちのくと6人タッグマッチでぶつかり合う。

2022年2月20日(日)昼12:30開場 午後2:00試合開始
北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
チケット購入はこちら

※放送情報:『新日本プロレス「LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ」』
◆公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド
2022年2月20日(日)午後2:00~

対戦カード
・第1試合
小島聡&田口隆祐&マスター・ワト vs. TAKAみちのく&金丸義信&エル・デスペラード
・第2試合
中島佑斗&タイガーマスク&ロビー・イーグルス vs. 邪道&エル・ファンタズモ&石森太二
・第3試合
大岩陵平&石井智宏 vs. DOUKI&タイチ
・第4試合
天山広吉 vs. グレート-O-カーン
・第5試合
本間朋晃&永田裕志&真壁刀義&棚橋弘至 vs. BUSHI&高橋ヒロム&鷹木信悟&SANADA
・第6試合 「KOPW 2022」争奪戦
矢野通(挑戦者) vs. 鈴木みのる(保持者)
・第7試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合
YOH&YOSHI-HASHI&後藤洋央紀(挑戦者) vs. SHO&高橋裕二郎&“キング・オブ・ダークネス”EVIL(王者)
・第8試合 IWGP世界ヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカ(王者) vs. 内藤哲也(挑戦者)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事