テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

“王者”エル・デスペラードにマスター・ワトが初挑戦!2.11大会メインはIWGPジュニアヘビー級選手権

新日本プロレス『LECクリンぱっ! Presents 新春黄金シリーズ』宮城・仙台ゼビオアリーナ大会が、2月11日(金)に開催される。

メインイベントでは、IWGPジュニアヘビー級選手権が行われ、“王者”エル・デスペラードにマスター・ワトが初挑戦する。

1.4東京ドーム大会にて、「BEST OF THE SUPER Jr.28」覇者の高橋ヒロムを相手に、激闘の末に初防衛に成功したデスペラード。

ところが、翌日の1.5東京ドーム大会の6人タッグ戦で、ワトが繰り出した締め技“ベンダバール”にまさかのギブアップ負け。試合後、ワトは当然のようにジュニア王座挑戦を表明し、「新日本ジュニアの未来は、俺が開拓します」と力強くコメントした。

一方、衝撃の敗戦を喫したデスペラードは「こっから始まるのは…俺とオマエの公開練習みたいなもんだ。悪いけどそれくらい、オマエはまだ低い位置にいる」と当初は気乗りしない様子だった。

だが、『タカタイチマニア3』1.10後楽園大会の試合後には、「この間やっとよ、『未来は俺が拓く』とか言ってたろ?テメーの事しか言わなかったヤツが周りの事言いだしたか?何かが変わりつつある…のかな」と期待のコメントも残している。

2020年7月に凱旋帰国して以降、なかなか結果が出ない状況が続いていたワトだが、2021年には肉体改造にも成功し、評価も急上昇中。今回は、待望のジュニアヘビー級王座初挑戦となる。

また、今回はビッグマッチにおけるジュニア同士のメインイベントが実現。2021年は、ジュニアの立ち位置に関する論争も巻き起こったが、“王者”デスペラードとしては、2度目の防衛を成功させて地盤をシッカリ固めたいところ。

そうはさせまいと、伸び盛りのワトが初挑戦でいきなり王座を奪取するのか? 必見のメインイベントとなりそうだ。

◆因縁の対決が続々!

そのほか、セミファイナル(第7試合)では、YOH vs. SHOによる因縁のスペシャルシングルマッチが実現。第6試合ではタイガーマスクvs石森太二のスペシャルシングルマッチが開催される。

第5試合では、オカダ・カズチカ&棚橋弘至&永田裕志 vs. 内藤哲也&SANADA&鷹木信悟のダブル前哨マッチ。そして第4試合は、ジェフ・コブとグレート-O-カーンが再合流して「UNITED EMPIRE」として再始動し、天山広吉&小島聡の“テンコジ”とタッグマッチで激突する。

第3試合は、「KOPW 2022」争奪戦の前哨マッチとして、鈴木みのる&タイチ&TAKAみちのくvs矢野通&小島聡&本間朋晃の6人タッグ戦が開催。さらに第2試合では、タイトル戦トリプル前哨マッチが行われ、石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHIと“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&ディック東郷が対戦する。

第1試合では、「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の高橋ヒロム&BUSHIが、「鈴木軍ジュニア」の金丸義信&DOUKIとタッグマッチで激突。第0試合では、本間朋晃が中島佑斗とタッグを結成し、大岩陵平&藤田晃生とぶつかり合う。

2022年2月11日(金)午後3:30開場 午後5:00試合開始
宮城・ゼビオアリーナ仙台
チケットは購入はこちら

※放送情報:『新日本プロレス「LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ」』
◆公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド
2022年2月11日(金)午後4:30~

対戦カード
・第0試合
中島佑斗&本間朋晃 vs. 藤田晃生&大岩陵平
・第1試合
BUSHI&高橋ヒロム vs. DOUKI&金丸義信
・第2試合
YOSHI-HASHI&後藤洋央紀&石井智宏 vs. ディック東郷&高橋裕二郎&“キング・オブ・ダークネス”EVIL
・第3試合
田口隆祐&真壁刀義&矢野通 vs. TAKAみちのく&タイチ&鈴木みのる
・第4試合
小島聡&天山広吉 vs. グレート-O-カーン&ジェフ・コブ
・第5試合
永田裕志&棚橋弘至&オカダ・カズチカ vs. 鷹木信悟&SANADA&内藤哲也
・第6試合 スペシャルシングルマッチ
タイガーマスク vs. 石森太二
・第7試合 スペシャルシングルマッチ
YOH vs. SHO
・第8試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合
マスター・ワト(挑戦者) vs. エル・デスペラード(王者)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事