テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

大竹しのぶ、五輪閉会式での“大役”も緊張せず。家族より出演を喜んでくれた“あの一家”

1月28日(金)の『徹子の部屋』に、大竹しのぶが登場する。

東京2020オリンピック閉会式では、子どもたちと「聖火を消す」という大役を担った大竹。

世界的な祭典、しかも最後の象徴的な場面ながらまったく緊張せず、友人の清水ミチコには「少しは緊張しなさいよ」と言われたそう。

元夫の明石家さんまや、息子の二千翔さん、娘のIMALUの反応が気になり連絡もしたが、一番喜んでくれたのは家族ぐるみでお付き合いのある中村勘九郎一家だった。

とくに孫のように可愛がっている中村勘太郎&中村長三郎兄弟は大興奮してくれたのだとか。

小学生の2人が生まれたときから遊び相手になりお芝居ごっこをしてきたが、最近の成長ぶりにもう立派な俳優だと感じるように。今回はそんな2人からサプライズが…!

今年2022年の誕生日で、亡くなった父と同じ年齢になる大竹。父には「嫌なときは嫌と言えるようになりなさい」としつけられた。

20歳の頃、演出家や脚本家に「ここは納得できない」と直談判しに行ったこともあったが、ある先輩女優の助言により、台本に書いていない心情も考えて演技をするようになったという。

※番組情報:『徹子の部屋
2022年1月28日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事