テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

進化し続けるももクロ・高城れに、「昔の私はもういない…」

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、人気企画「ももクロChanダービー」をお届け! ゲスト芸人を迎え、玉井詩織と高城れにがさまざまな課題にチャレンジする!

◆低姿勢なしおりんと、リラックスのれにちゃん

今回は、玉井と高城に加え、芸人のTAIGAとオテンキGOが“出走馬”となり、「クイズ」「なぞなぞ」「体力測定」など多岐にわたる課題にチャレンジ。

ゾフィー上田航平とYes!アキトはパネラーとして、クリアできると予想した“出走馬”に持ち点を賭けながら、10万点を目指す。出走馬のオッズは、馬の得意・不得意に合わせて、番組スタッフによる独断と偏見でつけられる。

ちなみに10万点を獲得すると、10万円の賞金が番組から贈呈される。前回の「ももクロChanダービー」では、TAIGAが緻密な予想で見事10万円を獲得。そんなTAIGAは、今回は出走馬として参加。

前回、苦手な早口言葉や、まばたき我慢チャレンジに成功し、TAIGAの幸運の女神となった玉井。しかし、司会のオテンキのりに今回の自信を聞かれると、「前回を超えることはないと思います」と今回は低姿勢。

一方、高城は「ゆったりと気楽にやるのが一番だと気づいたので。あんまり意気込まない」とリラックスムードだ。

◆「昔の私はもういない」進化する高城れに

そんなももクロのふたりは好スタートを切る。最初のチャレンジは「一般常識問題」で、問題は「『バンバンジー』を漢字で書いてください」。

出走馬のオッズはそれぞれ、玉井が4倍、高城が8倍、そしてGOとTAIGAが5倍だ。いきなりの高オッズが示すように、4人は番組スタッフから正解をまったく期待されていない。

ここでパネラーの上田は玉井に1000点、アキトは事務所の先輩であるTAIGAに500点をベットする。

まずは誰からも賭けられなかったGOと高城から、回答をオープン。GOは「美安美安字」というムダに品のいい不正解。

すかさず玉井も「『バン』ってほかにもあったと思うんだけど、あえて『美安』。『ビャンビャンジー』(笑)」とツッコむ。玉井の裏回し的なツッコミも、今回の「ももクロChanダービー」の見どころのひとつだ。

次に回答を見せるのは高城。「スタッフさんは昔の私しか知らないんですよ」と得意げにめくったパネルにはなんと「棒棒鶏」の文字が! 「漢字は得意なんですよ、余裕でした。後悔しろ!」と、高城をみくびっていたスタッフたちに強烈なひと言!

ポンコツだと思われがちな高城が、このファインプレーに続き、次の「なぞなぞ」でも正解を叩き出す。今回の「ももクロChanダービー」はひと味違う。

◆安定の玉井詩織、クイズなのに好感度までゲット

アキトがベットしたTAIGAの回答は「判判地」で不正解。

ウーバーイーツのバイトを続けるTAIGAはきっとバンバンジーも運んでるから、その文字をイヤでも覚えてるはず、というアキトの予想は見事に外れた。ウーバーイーツの配達員は、注文番号を見るだけだから、メニューの文字は見ないのだ。

上田がベットした玉井は、見事正解。しかし玉井は「鶏」の「夭」の部分を「夫」と書いてしまったミスを自己申告。

これにはのりも「今のズルくないですか、『私、正直に言っちゃうんです』みたいな」と意地悪なツッコミ。「計算みたいに言うのやめて」と笑う玉井。

クイズに正解する優秀さに加え、自分のミスを正直に明かす玉井、その素直さがまた愛おしい。

高城が「(ももクロメンバーの中で)圧倒的に玉井さんはクイズ王なんで、なぞなぞは間違いないですよ」と持ち上げると、玉井自らも「神奈川のなぞなぞクイーン」とうそぶくが、その言葉どおり、なんとここでも正解。番組の進行も助けながら、次々と正解していく玉井の器用さには改めて驚くばかりだ。

◆ポンコツおじさん芸人のゆくえは…

絶好調な高城と、優秀な玉井とは反対に、GOとTAIGAのポンコツっぷりは、もはや痛快。

「そらより高いものはなんでしょう?」というなぞなぞ問題では、玉井と高城のオッズが3倍になった一方で、GOは5倍、TAIGAは6倍と高倍率がつけられてしまう。

そんなオッズにもかかわらず、所属事務所サンミュージックの絆に誓ってTAIGAに賭ける後輩アキト。

「サンミュージックの絆をなめないでください!」と豪語しながらTAIGAが出した答えは「宇宙」というひねりのない答え。玉井も「おじさんってこういうこと言うんだよね」と、一刀両断。

もうひとりのポンコツおじさんGOは予想に反して正解する(正解は「シド」音階でソラの次に高い音は「シド」だから)。しかし、「(シとドの)どっちが高いのかは悩んだ」との珍コメントを残し、高城に「そこで悩むの?」と笑われるのだった。

ももクロのふたりが見事に正解するなか、おじさん芸人が気持ちいいくらいのポンコツっぷりを披露する今回の「ももクロChanダービー」。次回も荒れそうだ!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2022年1月14日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事