テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

空気階段・鈴木もぐら、小学校の頃から「先生、今日また宝くじ買いに行くんだ」

空気階段の地上波初冠番組『空気階段の空気観察』。

12月15日(水)から、2週連続特別企画「もぐらの地元・千葉県旭市で選挙活動したときの空気観察」が放送される。

12月20日から開催され、テレビ朝日の深夜帯で放送されている14番組が人気を争う「TELASA presents バラバラ大選挙」。SNSを使った選挙活動が流行するなか、2人が選んだのは昭和スタイルのどぶ板作戦だ。

「清くても清くなくても1票」をスローガンに地盤を固めるべく、鈴木もぐらが18歳まで過ごした生まれ故郷、千葉県・旭市で投票をひたすら呼びかける。

オリジナルポスターや全長6メートルの巨大垂れ幕もつくり、やる気は満々だ。

◆小学校の担任が登場、明かされた一面にもぐら赤面!

まず2人が向かったのは、旭市民の憩いの場、商業施設「サンモール」。テナントの変遷に懐かしさを感じながら、ポスターを貼ったり投票を呼びかけたりしていると、中学校時代の友人と数年ぶりに再会。

時を感じさせない自然な会話に水川かたまりは「温度が2週間ぶりぐらい」とツッコミを入れる。

さらに、「サンモール」の支配人まで登場し、選挙活動は思わぬ展開に発展していく。

そして、もぐらにとって20年ぶりの来校となる小学校も訪問。サプライズで当時の担任の先生が登場すると、もぐらの小学生らしからぬ一面が明らかに。

感受性がとくに豊かだったと褒められる一方、「先生、今日また宝くじ買いに行くんだ」と語っていたという今と変わらない一面を暴露されてもぐらは赤面。

卒業文集を振り返りながら恩師から次々と明かされるエピソードに、かたまりも「今と変わらない!」と納得する。

※番組情報:『空気階段の空気観察』(バラバラ大作戦
2021年12月15日(水)深夜2:21~2:41、テレビ朝日(関東ローカル)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事