テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ダチョウ倶楽部、人気ギャグ誕生は「V6」のおかげ!? オードリー若林も驚いた意外すぎる秘話

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

12月6日(月)の同番組では、特別編「激セマ年表見てみませんか?」をお届け。

オードリーとCreepy Nutsが、まだ地球上で誰も年表にしていないようなジャンルを年表にして、そのドラマチックな歴史を見ていく。

ひとつめの年表は、「ダチョウ倶楽部 偶然生まれたギャグ年表」。

「聞いてないよォ」からはじまり、「クルリンパ」「つかみはOK」「どうぞどうぞ」など、数多くのヒットギャグをもつダチョウ倶楽部。なんとそのほとんどは偶然生まれたものだという。

今回はダチョウ倶楽部本人たちがゲストとして登場し、ギャグ年表を見ながら誕生秘話を紐解いていく。

すると、90年代に人気を博した“あるギャグ”誕生の裏に、解散したアイドルグループ「V6」が深くかかわっていたことが発覚。

さらに、ダチョウ倶楽部のギャグのほとんどはパクリだった!? 意外な事実が次々と明らかになる。

◆個性的すぎるハンバーガー店の歴史

つづいての年表は、「自分を貫いたら道は開ける! ドムドム独自路線ひた走り年表」。

創業51年となる日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」は、創業以来流行を完全に無視して、ぶっ飛んだハンバーガーを出しつづけている。

2017年から開発担当に就任した浅田さんは、1人で年間約360種類ものヤバいバーガーを考えているという。

そんな浅田さんを迎え、1970年の創業初期は普通だったドムドムが、なぜ独自路線をひた走ることになったのか? 年表をもとにたどり、自分を貫きまくることの大切さを学んでいく。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。

2021年12月6日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事