テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

相葉雅紀&正門良規ら、松田聖子の名曲を大合唱!世代を超えた“宅飲み”で大盛りあがり<和田家の男たち>

息子、父、祖父の3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す相葉雅紀主演の異色のホームドラマ『和田家の男たち』。

11月12日(金)放送の第4話では、いつもは男3人だけの和田家に来客が続々。相葉演じる優の勤務先『バズとぴ』の編集部員までやってくる。

父・秀平(佐々木蔵之介)から母・りえ(小池栄子)の死に関する新事実を聞かされ、衝撃を受けた優。自身に命の危険もあると知り、ますます動揺を隠せない。

いつもは快調に飛び出す『バズとぴ』のネタも思うように浮かばず、仕事に支障が出はじてしまった優は三ツ村(正門良規)からはっぱをかけられるも…?

そんな優を心配した三ツ村と志麻(石川恋)が、突然和田家にやってくる!

そこに帰宅した寛(段田安則)も合流。さらには寛がこの日、誕生日だったことまで判明。世代を超えた4人が和田家で楽しく“宅飲み”をはじめる。

最初はイマイチ噛み合わない会話を繰り広げていた優、寛、三ツ村、志麻の4人だったが、しだいに意気投合。ついには恋バナまでしはじめ、いつの間にか大盛りあがりに…。

すっかり気分がよくなった寛が松田聖子の名曲『SWEET MEMORIES』を歌いはじめると、そこに優、三ツ村、志麻も加わり大合唱を披露。時代を超えて歌い継がれる名曲は、和田家でも世代を超えて愛されていた。

命の危機に怯えながらも、ほんのひととき楽しく和やかな時間を過ごした優。

はたしてこの先、優と和田家にはどんな運命が待ち受けるのか?

◆第4話 あらすじ

「お母さんを死に追いやったのは清宮恭介(高橋光臣)とその父親だ」――父・秀平(佐々木蔵之介)からりえ(小池栄子)の死に関する新事実を聞かされた和田優(相葉雅紀)は、あまりの衝撃に動揺を隠せずにいた。

ずっと知りたかったことを知ることができた一方で、「あまり突っ込みすぎると命の危険にさらされる」という秀平の言葉も重くのしかかる。

寛(段田安則)からも、「容易に動くんじゃないぞ」と念を押され、ますます自分の身の危うさを自覚する優だった。

そんな気分だからか、『バズとぴ』の記事を書こうとしても思うようにネタも浮かばず…。

会社に呼ばれた優は三ツ村翔星(正門良規)から新しいライターを紹介され、「頑張らないと居場所なくなりますよ」とはっぱをかけられてしまう。

気もそぞろに日々を過ごしながら、ふと気づくと誰かに尾行されているような気配を感じる優。朝食をとりながら、そのことを秀平と寛に打ち明けてみるものの、2人からは「そんなに怖がることはない」と諭されてしまう。

しかし、優の代わりに買い物に出た寛も同じように尾行され…。やがて明らかになった怪しい影の正体は、驚くべき人物だった!

そんななか、なかなか原稿を上げてこない優を心配した三ツ村と志麻さと美(石川恋)が和田家にやってくる。寛も交え、酒を飲みはじめた4人は次第に意気投合し…?

※番組情報:『和田家の男たち』第4話
2021年11月12日(金)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(一部地域で放送時間が異なります)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

TVerでは、最新回を無料配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事