テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『科捜研の女』マリコが土門の靴をピカピカに!? 沢口靖子と初共演、音月桂が容疑者に

本日11月11日(木)放送の『科捜研の女』第4話では、“靴磨き”が鍵を握る物語が展開。

今回は、元宝塚歌劇団トップスター・音月桂演じる“靴磨きの達人”とマリコ(沢口靖子)が対峙する。

◆容疑者はシングルマザーの靴磨き職人!

第4話では、靴だけピカピカに磨き上げられた男性の他殺体が見つかる事件が発生。捜査を進めるうち、靴磨き職人・上杉明里(音月桂)が浮上する。

明里は被害者の義弟の妻で、プロ野球選手だった夫が病死したあと靴磨き専門店を開業。ひとり息子を育てていた。

夫の死後、義兄とは交流がないという明里。事件当日は常連客から持ち込まれた靴をずっと磨いていたとアリバイを主張する。

ところが、被害者の靴から検出されたものと明里の指紋が一致したばかりか、彼女に殺害動機があると発覚。

はたしてマリコは、彼女のアリバイを崩すことができるのか!?

◆沢口靖子×音月桂が華やか初共演!

事件の謎に挑むマリコは、何を思ったか明里に靴の磨き方を教えてほしいと頼み込み、なんと試しに土門(内藤剛志)の靴を手入れしてみることに! その行動に秘められたマリコの真意とはいったい!?

“疑惑の靴磨き職人”を演じる音月は、今回が沢口と初共演。沢口靖子×音月桂の美しすぎる2ショットは必見だ。

はたして、マリコは靴磨きをどう科学するのか? そして、どんな真実を浮かび上がらせるのか!?

◆第4話 あらすじ

寂れたビリヤードバーの店内で、経営者・横沢征(湯浅崇)が殺されているのが見つかった。

横沢はあちこちで借金を重ねているらしく、遺体を発見したのも取り立てに来た金融業者だった。

検視した榊マリコ(沢口靖子)は、横沢が薄汚れた身なりをしているにもかかわらず、靴だけがピカピカに磨き上げられていることに違和感を覚える。

また、遺体の手のひらに油のようなものが付着していることにも気づく。

まもなく、被害者の手についていた油分は、革製品のツヤ出しにも使われる“木蝋(もくろう)”と判明。さらに、横沢はプロ野球選手の上杉栄太(梅原勇輝)と異父兄弟だったという事実がわかる。

上杉は3年前、30代半ばの若さで病死したが、それまで横沢は度々、弟に金をせびっていたらしかった。

上杉の妻・明里(音月桂)が現在、靴磨き専門店を開いていると知ったマリコは、事件解決の糸口を求めて、土門薫刑事(内藤剛志)とともに彼女の店を訪問。

明里は夫の死後、横沢とは交流がないといい、事件当日は常連客から持ち込まれた靴をずっと磨いていたと話す。しかも、仕上げに木蝋を使うこともないようだった。

それらを聞いたマリコは何を思ったか、突然、彼女に靴磨きを教えてほしいと言い出して…!?

ところがその後、明里の指紋が横沢の靴から検出されたものと一致! 被害者の靴をピカピカにしたのは、明里だったのか!?

彼女のアリバイを確かめるため、マリコは事件の日に靴磨きを依頼した常連客・赤宮公達(ダンカン)宅を訪ねるが、明里が手入れを施したという靴から、さらに彼女の疑惑が深まる展開に…。

はたして、磨き上げられた靴に隠されていた秘密とは!? マリコが科学で事件の真相に迫っていく…!

※番組情報:『科捜研の女 season21』第4話
2021年11月11日(木)よる8:00~よる8:54、テレビ朝日系24局

※『科捜研の女 season21』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では地上波放送終了後にドラマ本編を配信。また、過去全シーズン&スペシャルドラマ250話以上も見放題配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事