テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

大黒摩季、認知障害のある母の介護生活。活用したのは“父のラブレター”

11月5日(金)の『徹子の部屋』に、大黒摩季が初登場する。

22歳でデビュー、力強い高音で“強い女”を歌いヒット曲を連発したが、じつは人気絶頂のころから子宮疾患により闘病生活を送っていたという。

激痛に耐えながらステージに立ち、少しでも声の出が悪いと「大黒摩季は終わった」と言われたことも。

40歳のとき治療に専念するため活動を休止するが、ちょうどそのころ、脳出血で半身麻痺となっていた母の介護生活もはじまる。

後遺症で認知障害のある母を介護するなかで大黒が活用したのは、かつて歌詞を書く材料にするために実家から持ってきた“父のラブレター”だった。

今回は、番組初出演にあたり急遽つくったという“黒柳徹子をイメージしたオリジナル曲”を熱唱! リクエストに応え、あの名曲も…。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年11月5日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※六本木発のカジュアルクラシックシリーズ第3弾『EX SPARKLING CLASSICS Op.3』に、スペシャルゲストとして大黒摩季が登場!
開催概要:『EX SPARKLING CLASSICS Op.3~TSUKEMEN~
2021年12月11日(土)16:00開場、17:00開演予定
会場: EXシアター六本木

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事