テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『ドクターX』頼みの綱・大門未知子がまさかの「オペしないので」 海老名敬、背水の陣!

待望の第7シリーズを放送している米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

本日11月4日(木)放送の第4話では、主演舞台の公演を目前に控えた人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀かなめ)が重度の甲状腺がんを患い「東帝大学病院」に極秘入院。

そんな中、内科主導の切らない手術「ケミカルサージェリー」による治療を決定した内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)を相手取って、外科部長・海老名敬(遠藤憲一)がやっちまった…!?

外科手術の採択を主張する海老名は、うっかり内科にケンカを売る大失言を放ち、蜂須賀の地雷を踏んでしまうことに。蜂須賀は静かな怒りをにじませながら、外科に唯花へのアプローチを許可すると同時に、海老名に対して「外科手術で治せなかった場合、辞表を書いてください」と通告し…!

前シリーズで“ヒラの医局員”にまで転落したものの、今シリーズでは不死鳥のごとく息を吹き返し外科部長の座についた海老名。彼としては、この立場を死守したいところだが…。

海老名敬、背水の陣! クビを賭けた下剋上が幕を開ける。

◆第4話あらすじ

パンデミックの影響で出演舞台がすべてキャンセルになるという苦境の1年を経て、世界的大舞台で主演を務めることになった人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀かなめ)。彼女が待ちに待った公演を目前に、重度の甲状腺がんを患い「東帝大学病院」に極秘入院した!

内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)は内科主導の切らない手術=「ケミカルサージェリー」で治療することを決定するが、外科部長・海老名敬(遠藤憲一)は早急に外科手術をすべきだと主張。

しかも…外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)の命令を受け、何としても“特患”である唯花を外科で囲い込もうと躍起になった海老名は、内科にケンカを売る大失言をうっかり放ってしまう! 静かに激怒した蜂須賀は“ある究極の条件”を海老名に提示した上で、外科に唯花へのアプローチを許可。どの治療法を選ぶか、最終判断は唯花本人に託されるのだが…。

当の唯花は、稽古に復帰できるほど回復するまでに時間がかかることや、人目につきやすい首に傷が残ることを恐れ、外科手術を拒絶。焦った海老名は、大門未知子(米倉涼子)なら完璧な手術ができると進言する。ところが、唯花はどういうわけか、未知子に対して不快感をあらわに! 対する未知子も、何を考えているのか「オペしないので」と言い放ち…!

そんな中、唯花のケミカルサージェリーが始まった。しかも、なぜかそこには未知子の姿があり…!? さらに、不測の事態は続発する。一日も早い復帰を目指す唯花だが、一向に退院の目処が立たないばかりか、ライバル女優・早水楓(鷲見玲奈)を唯花の代役に立てるという話まで持ち上がり…!

※番組情報:『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4話
2021年11月4日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※『ドクターX~外科医・大門未知子~』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事