テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

「悪口は見たくない」SNS気にしすぎな芸人が編み出した“良いコメントを見る方法”

11月4日(木)の『アメトーーク!』では、TwitterやInstagramなどのSNS、ネットニュースでついついエゴサーチをしてしまう芸人が集まり、「SNS気にしすぎ芸人」を放送する。

スタジオには、藤本敏史(FUJIWARA)、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、橋本直(銀シャリ)、辻(ニッポンの社長)、亜生(ミキ)、イワクラ(蛙亭)、田辺智加(ぼる塾)が集結。

隙あらばスマホをチェックしてしまうほどに気が小さく、何でも気にし過ぎてしまうメンバーがエゴサーチにまつわる悲喜こもごもを明かす。

「SNS気にしすぎあるある!!」では、“エゴサーチし過ぎてこうなってしまった”という実体験を本人出演の再現VTRで紹介。「悪口を家に持ち帰りたくない」という亜生が帰宅する際についやってしまうこととは?

一方、「とにかくツイートに影響されてしまう」という橋下や田辺は、検索して目に入ってきた自分の悪口が気になり過ぎて、驚きの行動を取ってしまうというのだが…。

また、「炎上に怯えながらもエゴサーチしてしまう…でも、悪口は見たくない」という田辺やイワクラは、良いコメントを見るために編み出した方法を発表! 思わずメンバーが感心したその作戦とは?

さらに、最近Instagramを始めたという小杉も、エゴサーチして傷ついたことや自身の失敗談をぶちまけるのだが、いかんせんまだ初心者。ほかのメンバーとは微妙に温度感がズレていて…?

あげく、ほかの芸人たちも小杉に巻き込まれ、フォームを崩し始めるという珍事もぼっ発する。

一方、コメントに一喜一憂する芸人たちを横目に、陣内智則は「俺はもう何を言われても何ともない体になってる」と断言! 悟りを開くきっかけになった出来事を語る。

すると、最初は「かっこつけるな!」と文句を言っていたはずの芸人たちも、陣内にあるお願いをし始めて…。

「こういうツイートをしてほしい!!」では、メンバーが放送後にエゴサーチをした際、こんな書き込みがあったらうれしいという理想のツイートを発表する。はたして、お望み通りのツイートは見つかるのか?

※番組情報:『アメトーーク!』「SNS気にしすぎ芸人」
2021年11月4日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事