テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

コロッケ「今も涙が出そうになる」 被災地ボランティアで身にしみた“笑うことの大切さ”

9月30日(木)の『徹子の部屋』に、コロッケが登場する。

1980年にデビュー、昨年40周年を迎えたコロッケ。40年でたまった“ものまねネタ”は400~500人、じつに1000種類以上はあるという。

今回は長年続けてきたからこそできる“人の変化を楽しむネタ”や新ネタなど数多く披露。黒柳徹子の笑いも止まらない。

だが、最近は時代とともにお客さんからのリクエストに変化が出てきたという。「ふざけないでやってほしい」その理由とは?

またコロッケは、様々なかたちでボランティア活動にも尽力している。

クリスマスの小児病棟で小さなショーをするなど30代から続けており、その歴は長い。

しかし、本当の意味で“笑うことの大切さ”を知ったのは東日本大震災だった。

炊き出しのために訪れた被災地でものまねを懇願され、戸惑いながらも披露したときのことを「そのときのことを話すと今も涙が出そうになる」と明かす。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年9月30日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事