テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

滝藤賢一主演『警視庁ひきこもり係』、今夜放送!ワケありのはぐれ者5人が難事件解決に挑む

いつの頃からか警察署内の一室に住み込み、引きこもったままの引谷太郎(滝藤賢一)を筆頭に、チーム全員がひきこもりという前代未聞の刑事ドラマ『警視庁ひきこもり係』が、本日8月5日(木)に放送される。

働き方改革が進められるなかで、万年人手不足の問題を抱える警察各部署のサポートのため、生活安全課総務2係、通称「ひきこもり係」が作られ、警視監から依頼された元ベテラン刑事の花房等(高田純次)がメンバーを招集。

しかし、「ひきこもり係」キャップを務めることになった引谷をはじめ、その名の通り全員がひきこもり、もしくはひきこもり予備軍。元ハッカーの百田桜(山本舞香)、元陸上の代表選手で怪我により挫折した草壁栄次(戸塚純貴)、元科捜研で現在は母の介護中の家藤時子(富田靖子)と、それぞれがワケありのはぐれ者という5人のチームが結成される。

そんな問題ありありな「ひきこもり係」の前に、行方不明の婚約者探しの依頼をきっかけに謎の連続殺人事件、そして違法闇サイトと複雑に絡みあう超難事件が発生。

この難解な事件を一体どうやって…と思いきや、5人は予想外の超プロフェッショナルな一面を披露。事件を解決に導いていく…!?

◆“部屋”と“ファッション”も見どころのひとつ

チームが型破りなら、その部屋もファッションも刑事ドラマの常識を覆すのが『ひきこもり係』。

引谷が住み込み、「ひきこもり係」の拠点となる警察署の一室には観葉植物がたくさん並び、ハンモックにテント、そしておしゃれな家具が置かれる刑事ドラマとは思えない様相に。

よく見るとそこかしこに年代モノのプレートやブリキの車、味のある置物、そしてテントの上には飛行機のおもちゃが飛ぶなど、もはや部屋全体がおもちゃ箱のよう。こんな部屋があったら、思わず「ひきこもりたい!」と考えてしまいそうなほどだ。

さらに注目なのが、「ひきこもり係」メンバーのファッション。おしゃれで知られる滝藤に負けないくらいのファッションで登場する引谷は、えんじ色のジャケットに黄色いベスト、エメラルド色のシャツを合わせた色鮮やかなスタイルや、黄色いストライプのシャツにサスペンダー、サングラス姿などとにかくおしゃれ。

また、山本演じる桜もミニワンピースやロックな雰囲気を漂わせるレザーのスカート姿を披露。滝藤も今作の見どころのひとつに部屋とファッションを挙げており、とくに衣装に関しては「僕が主演をやるからにはおしゃれでやりたいとスタッフがおっしゃってくれて、とてもうれしかったですね」と引谷ファッションの誕生した背景を語っていた。

◆関係者には実力派キャストが大集結!

個性的な魅力と演技力を兼ね備えたこの上ない豪華キャスト5人が揃った『ひきこもり係』だが、その5人と深く関わっていく事件関係者や警察関係者も実力派が勢揃い。

「ひきこもり係」結成後、第1号の相談者として失踪した婚約者の捜索依頼でやってくる今井純奈を北香那、純奈が働く保育園に水の配達業者として出入りする町田和也を須賀健太と、若手実力派2人がその高い演技力で魅了する。また、花房に「ひきこもり係」のメンバー招集を依頼する警視監・天野譲治を林家三平が務め、温かい演技で見る人に癒やしのひと時をおくる。

中でも注目なのが、『コタローは1人暮らし』(2021)で“殿様語”を話すおかしくも可愛い姿が話題となり、一躍注目を集めた川原瑛都。彼もあるシーンで登場する。

◆あらすじ

かつて代表にも選ばれた陸上の選手で刑事課に所属していた草壁栄次(戸塚純貴)は、事件で負った怪我が原因で戦力外通告を受け、部署を異動。やってきた先は、働き方改革が進められるなか、万年人手不足の問題を抱える警察の各部署のサポートのために作られた、武蔵野中央署生活安全課総務2係、人呼んで「ひきこもり係」だった!

そこは、定年して3年経つ元ベテラン刑事の花房等(高田純次)が警視監から依頼されて作った寄せ集め部署で、元ハッカーで基本は漫画喫茶にこもっている百田桜(山本舞香)、元科捜研で今は母親の介護で自宅にこもっている家藤時子(富田靖子)ら、ひきこもりばかりが集まっていた。

極めつけは、ひきこもり係のキャップ、引谷太郎(滝藤賢一)。いつからか署に住みつき、部屋にひきこもり続け…署内でも謎の存在となっている。

そんなひきこもり係に、行方不明になった婚約者を探して欲しいと今井純奈(北香那)がやってくる。

時を同じくして、大手IT企業「マウンテン」代表・山岸凌平が絞殺され、土下座の格好で遺体が発見される事件が発生。刑事課強行犯係の高瀬美幸(野波麻帆)らが追っていたこの事件に、花房の手回しでひきこもり係も捜査で加わることに。

引谷と草壁は、捜査資料にあった山岸の写真を見て驚く。名前は違うが、純奈が探していた婚約者だったのだ! 山岸は偽名を使って複数の結婚詐欺を働いており…。

そんななか、事件当日の現場付近に停まっていた車のドライブレコーダーから、山岸の殺害現場の公園から慌てて出てくる男を見つける。男の左手首のヴィンテージブレスレットを見た引谷たちは、純奈が働く保育園に出入りしている水の配達業者の町田和也(須賀健太)が付けていたものと同じものだと気づく。

草壁は美幸ら強行犯係とともに和也の勤め先に向かうが、和也は昔の知り合いの悪徳弁護士に会いに行くと言ったまま、行方がわからなくなっていた。

その矢先、山岸の会社の顧問弁護士だった浅見麻里の遺体が発見される。山岸同様に麻里の遺体も土下座の格好をしており…。

防犯カメラから、麻里は亡くなる直前にバーで和也と接触していたことが判明。美幸は容疑が濃厚となった和也を追うが、引谷は和也の犯人説に引っかかり、もう一度防犯カメラの映像を見直す。すると時子がガラスに写る顔を見つけ解析したところ、山岸の会社の競合で大手IT企業「福々」の代表・福富豊(正名僕蔵)だった。

だが、福富は山岸や麻里の殺害を否定、山岸の殺害時刻には会社説明会の生配信を行っていたアリバイも証明する。さらに福富は、和也が山岸を恨んでいたと思わせる過去の関係を話しはじめ…。

ますます和也への容疑が高まるなか、ある衝撃の事実が次々と判明! 捜査は混迷を極め…。

部屋から一歩も出ずに捜査する引谷をはじめ、クセ者ばかりのひきこもり係は、この複雑な事件の真相にたどりつけるのか――!?

※番組情報:ドラマスペシャル『警視庁ひきこもり係
2021年8月5日(木)よる8:00〜9:48放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事