テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

高橋克典主演『広域警察』、今夜放送!新体制となった広域捜査チームが再び難事件に挑む

本日6月24日(木)、高橋克典主演の人気シリーズ『広域警察』が4年ぶりに復活する。

今作は、シリーズの節目となる10作品目。

広域捜査チームが新たな体制となって再び難事件に挑む。

◆あらすじ

警察庁広域捜査課に新しい課長・内藤(勝村政信)が赴任してくる。内藤は東(高橋克典)の大学時代の剣道部の後輩で、久々の再会を喜ぶ。

そんななか、広域捜査課に、恐喝や詐欺、殺人未遂の容疑で追っていた田所が横浜で殺害されたとの連絡が入る。現場に向かった東ら広域捜査メンバーは、聞き込みで前日の晩に倉庫から男女の怒鳴り声が聞こえてきたとの情報を得る。

捜査をはじめた東たちは、田所が「資産コンサルタント・久遠淳史」という偽名を名乗って、「青い鳥」という会員制オンラインサロンに登録していたことが判明。この「青い鳥」は、人気作家・新道真理(西原亜希)のオンラインサロンで、彼女のファンがオンライン上で集って、作品などについて語り合うもの。新道の事務所の社長・大多香苗(矢田亜希子)が運営していた。

伊達(大東駿介)とともに熱海の香苗の家に向かい、久遠(=田所)について聞くも、香苗は把握していないという。

そんななか、香苗の自宅に新道が訪ねてくる。新道のファンだった伊達は、顔やプロフィールを一切公表していなかった新道の姿をはじめて見て、その美しさに驚く。

一方、田所のパソコンを調べていた大内(片岡信和)が、今岡鏡子(荻野友里)という女性から送られた「貴方を許さない」というメールを見つける。鏡子は、2日前に山梨の山中で遺体が発見された今岡の妻で、「青い鳥」の会員だった。

鏡子に話を聞きに行くと、鏡子は、新道を神と呼ぶほどのファンで、そのサロンで女性会員に片っ端から連絡をして荒らす久遠(=田所)に腹を立て、抗議のメールを送っただけと言い、面識は否定。その話のなかで、殺害された夫の今岡が不倫をしていたことを聞き、念のため今岡の周辺も調べることに。

今岡の勤め先の会社を訪れた内藤とみどり(小川菜摘)は、事務員の女性から、今岡がある女性のことで恐喝されていて、怯えた様子だったことを聞く。

田所との面識を一度は否定していた香苗だったが、防犯カメラの画像から、香苗が田所ともめていたことが判明。香苗は、実は資産運用の話をもちかけられ、騙されてしまったが、この事実を公表すると新道の名前にも傷がつくと思い、黙っていたという。

田所ともめていた香苗と鏡子の2人に疑いがかかるなか、東は新道の出版担当者から、新道が香苗のことを「先生」と呼んでいたと聞き、違和感を覚える。香苗の経歴を調べていくと、香苗はかつて自身も作家を目指していたこと、そして転々と職を変えるなかで、かつて法務教官として、栃木の女子少年院に勤めていたことがわかる。

そんななか、田所のパソコンから、隠しファイルが見つかり、そこには小学校時代の写真と、「やよい、おがわ、はやし、みみずく」と書かれた謎のメモが出てきた。

たまたま広域捜査課に来ていた内藤の妹・絵美(松井玲奈)により、そのメモの内容が古本屋の名前ということが判明。古本屋に向かった東たちは、店主から田所がなんらかの理由で当時のクラスメートの三上夕菜という女性を探していて、その女性のことを「元少女A」と呼んでいたと聞く。

その話から、東の中で何かがつながり…。

※番組情報:ドラマスペシャル『広域警察』
2021年6月24日(木)よる8:00~9:48、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事