テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

千鳥、博多大吉の“迷走”に絶句…お笑いとは真逆のセンス披露でノブ「ホントに大吉先生…!?」

『テレビ千鳥』待望の1時間SPとなる6月20日(日)の放送は、1時間丸ごと「一周だけバイキング!!SP」をお届け!

おかわり禁止、一周だけでいかにバランスよく料理を取れるかに挑む企画の第2弾が早くも登場する。

前回、大悟&ノブ&狩野英孝&秋山竜次(ロバート)が挑戦し、あふれる欲望を抑えられず散々な結果に終わったこの企画に挑むのは、博多大吉(博多華丸・大吉)、長嶋一茂、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、草薙航基(宮下草薙)の4人。

そして、審査員を務めるのは前回に引き続きバイキングマスター・博多華丸(博多華丸・大吉)。華丸がモニターでチェックしながらABCで評価し、もっとも優れた人を決定する。

バイキング会場には、おいしそうな料理をたっぷり用意。さらに、その場で調理してもらえるステーキや天ぷらなどもあるため、いかに冷静な判断力で限られたスペースに料理を取っていくか、そのセンスが試される。

はたして、おなかペコペコ状態で突然呼び出された4人の命運は…?

◆長嶋一茂、冷静に才能を発揮

大悟が「この方は本当にわからない…未知数です!」と語る長嶋は、使うお皿をセレクトする段階からバイキング慣れしている様子を見せる。さらに、誰もが最初にハマッてしまう魅惑の揚げ物ゾーンにも冷静に対応。最初に取った1品から、センスのよさを披露し、華丸をうならせる。

しかし終了間際、大好きな“アレ”と出会ってしまう長嶋。はたして育ちのよさを最後まで突き通せるか。

そんな長嶋とは真逆のわんぱくさを披露するのは小杉&草薙。「バイキングが大好き」と自信を見せる草薙だが、食への欲望を抑えきれず大暴走!

また、その草薙と意外な共通点を見せたのが小杉。最初に待ち受ける揚げ物の誘惑に勝てず、草薙同様“わんぱく”な取り方を披露する。

その後、どうしても食べたいステーキを前にとんでもない行動に出た小杉を見た大悟は、「これはえぐい」と苦笑。さらに、夢中で食べ物を取り続ける小杉に悲劇が…。

◆博多大吉のセンスにノブ、大ショック!

ノブが「僕らのイメージではセンスの塊」と絶賛するなか、満を持して登場したのはバイキングマスター・華丸先生の相方・大吉。しかし、当の本人は「最初に言っとくけど、めっちゃ下手やと思う…」といつになく緊張した表情を見せる。

そしていざスタートするとその言葉どおり、お笑いセンスとは真逆の迷走をはじめる大吉。さらに、前回は誰も手を出さなかった“大物”に手を出してしまい、お皿のバランスがおかしなことに!

苦渋の選択から生まれた衝撃のテクニック、そして想像を絶するプレートにノブは「怖っ! ホントに大吉先生…!?」とショックを隠し切れない。大悟も「どういうつもり!?(笑)」と絶句した驚きの結末は…?

そして、そんな相方のバイキングを苦笑しながらチェックしていた華丸先生が、ついにみんなのお手本となる正解バイキングを披露。一同がどよめくほどの華麗なテクニックを繰り出す。

はたしてどんな取り方でセンスをみせるのか。そして、みごと1位に輝くのは…?

※番組情報:『テレビ千鳥 1時間SP
2021年6月20日(日)よる9:55~よる10:55、テレビ朝日系

※『テレビ千鳥』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事