テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

マイケル・ジャクソンは「めんどくさい先輩みたい」元専属料理人が意外な素顔を激白!

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

5月31日(月)の放送では、V6の三宅健とホラン千秋をゲストに迎え、「まったくマイケル・ジャクソンに興味ないのに嫌々専属シェフをやったら、マイケルにどハマりしちゃった人」ことタカヤさんを紹介する。

もともとはホテルの総料理長をしていた凄腕の料理人・タカヤさんは、ある日ひょんなことから、あのマイケル・ジャクソンの専属料理人を務めることになった経験の持ち主。

それは今から34年前のこと。人気絶頂のマイケルが世界ツアーで初来日することになり、日本中がマイケルフィーバーに湧く一方、アメリカ人の専属シェフがクビになるという事件が起きていた。

解雇されたシェフは夜遊びしすぎて風邪をひき、マイケルにうつしてしまったのだ。その結果、大阪公演が中止に。残された東京公演までおよそ2週間。急遽マイケル専属シェフオーディションが開催されることになる。

しかし、あまりにもビッグネームすぎるのでオープンに探すことが出来ず、マイケルサイドの知り合いのツテで、当時軽井沢のホテルで総料理長をしていたタカヤさんに白羽の矢が立ったのだ。

料理人として千載一遇のチャンスながら、まったく乗り気でなかったと振り返るタカヤさん。その理由とは…。

面接でもあえて、とんでもない発言をして落ちる気満々だったが、なぜか合格。そのままライブツアーへの同行が決まる。

こうして体調の悪いマイケルのために料理を作ることになったタカヤさんだったが、それは問題が山積みの大変なミッションだった。

ひとつめの問題は、マイケルの好物がわからないということ。スタッフたちはマイケルが食べる姿を誰も見たことがないので知らなかったのだ。

さらに、超小食で一皿一口しか食べないという一面もタカヤさんを悩ませることに。

そんな困難の中、どんな料理をつくってマイケルを元気にさせたのか? 当時を振り返りながら、タカヤさんは間近で接した”素顔のマイケル・ジャクソン”について、驚きの秘話も告白。

オードリー若林が「めんどくさい先輩みたい」と驚いた意外な一面とは…?

◆天文学的な数字に驚き!

以前、同番組ではライセンスの藤原がイベントに出席した際、同姓同名で同じ歳の「藤原一裕」さん3人がその会場に偶然いたというエピソードを紹介した。

その確率を算出したところ天文学的な数字になったが、その確率を上回るようなエピソードをもつ芸人を探す新企画がスタート!

今回は千原兄弟やFUJIWARAと同期の芸人・チャンス大城が「風船に願い事を書いて飛ばしたら、奇跡の出会いをはたした人」として、お笑いコンビ・ソラシドの本坊元児が「江戸時代に自分の祖先が敵対していた人の末裔と160年の時を経て思いがけず再会した人」として登場する。

2人のエピソードの確率はどれくらいレアなのか?

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年5月31日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事