テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

吉永小百合、122本目の映画で初の医師役に。初めて語る亡き父の看護

5月21日(金)の『徹子の部屋』に、吉永小百合が登場する。

122本目の映画で初の医師役を演じた吉永。聴診器や血圧計など手なれた手つきで扱わねばならず、夫に患者役を頼み鍛練を積んだという。

映画では「終末期医療」もテーマとなっており、演じた役も父の治療に悩むシーンがあるが、吉永の父も食事で喉を詰まらせ意識を失い脳死状態に。

3か月の間、家族で介護を続け吉永もできる限り付き添っていたが、海外ロケ中に79歳で亡くなってしまった。

今回はそのときつけていた看護日誌をまとめたものを紹介する。

一方の母は、自分が病気とわかると「病院に行かない」と言い出し積極的な治療を拒否。

数年後90歳の誕生日がすぎると日に日に体が弱り、ついに入院。吉永がお刺身をもっていくと、「お酒はないの?」と言われ慌てて買いに走ったのだそう。

そして、その日本酒を美味しそうに飲み、その6日後に亡くなったという。

短歌や刺繍が好きだったという母。吉永が生まれたことを詠んだ母の歌も披露する。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年5月21日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事