テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

若手人気演奏家、辻井伸行&三浦文彰が意気投合!2人で演奏会がしたいと“デュオ”結成

5月14日(金)の『徹子の部屋』に、辻井伸行&三浦文彰が“デュオ”として登場する。

20歳のときに「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人初優勝を遂げた辻井伸行。そして、「ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクール」で史上最年少16歳のときに優勝した三浦文彰。

若手人気演奏家として、10代の頃から海外で活躍しているという共通点をもつ2人。偶然、同じツアーに参加し違う曲を演奏していたが、演奏前に話すうちに意気投合した。

そして、釣りや陶芸などプライベートで遊ぶ間に「2人で演奏会がしたい!」と思うようになり、“デュオ”を組むことになったという。

今回はスタジオで、ピアノとヴァイオリンの掛け合いが楽しい曲を披露する。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年5月14日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事