テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

注目のイケメン俳優・世古口凌が『機界戦隊ゼンカイジャー』に新加入!出演決定に「うれし涙が…」

1人の“人間”ヒーローと4人の“ロボ”ヒーローが戦う、スーパー戦隊最新作『機界戦隊ゼンカイジャー』

「ロボヒーローの方が多い!」と話題の本作で、俳優が演じる3人目のレギュラーキャストとして世古口凌が加入する。

これまでの本作では、俳優が演じるレギュラーキャストといえば主人公の五色田介人(駒木根葵汰)と、介人の祖母・五色田ヤツデ(榊原郁恵)の2人だった。

しかし、4月11日(日)に放送された第6話には、黒衣に身を包んだ謎の青年・ステイシーが登場。いきなり介人の前に現れた何とも謎めいた存在だ。

そのステイシーを演じるのは、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の舞台版などに出演する若手イケメン俳優・世古口凌(24)

美形という形容詞がぴったりハマるその容貌はミステリアスな魅力にあふれており、まさに謎めいたステイシーにピッタリ。今回の出演決定に世古口は「スーパー戦隊シリーズのオーディションへの熱い思いは誰よりもあったので、出演が決まったときはうれし涙がポロポロこぼれ落ちました(笑)」とコメントする。

◆世古口が“特殊能力”を駆使して大暴れ!

そして、4月18日(日)放送の第7話では、世古口演じるステイシーがゼンカイザーたちを翻弄するストーリーが展開。

現在、ステイシーについてわかっていることは、身に纏う黒衣の背中にゼンカイジャーの敵であるトジテンド王朝のシンボルマークが入っていること、そして、キカイノイドと呼ばれる機械生命体の敵幹部・バラシタラの息子であるということ。

いったいなぜ人間のような姿形のステイシーが、キカイノイドと血縁関係にあるのか。ますます謎は深まるばかりだ。

そんなステイシーは、“ステイシーザー”という強敵にチェンジ。ゼンカイジャーとバトルを繰り広げる。

ステイシーザーの能力は、スーパー戦隊ファンを沸かせること必至。ゼンカイジャーのロボに加え、歴代スーパー戦隊のロボがズラリ勢揃いした、圧巻のビジュアルに何かヒントが隠されているかもしれない。

◆世古口凌(ステイシー・役)コメント(全文)

スーパー戦隊シリーズのオーディションへの熱い思いは誰よりもありました。でもそれが空回りし、最終審査でうまくできなくて帰り道に悔し涙した記憶があるので、出演が決まったときは、うれし涙がポロポロこぼれ落ちましたね(笑)。

ステイシーは外側から見るとプライドが高くて人との距離間をしっかりとる、とっつきにくい青年なんです。でも演じていてわかってきたのは、彼なりの正義感や目的があって、そのために一生懸命だということ。もちろん目的のためなら手段は選びませんが…(笑)。孤独とは、強さとは何なんだろうと考えさせられます。

父・バラシタラとの関係性や、介人たちと交わることによってステイシーがどう変化していくのかが、今後すごく楽しみしているポイントです! 役者・世古口凌としても、もっと表現の幅を広げていろんなステイシーを視聴者の方々にお見せできるよう、成長を感じられる期間にしていきたいです。

現場には熟練のスタッフさんたちがたくさんいらして、撮影の様子を伺っていると本当に作品への愛を感じます。とても気持ちのいい現場で、こんなに恵まれていていいのかなとも思います。だからこそ余計に撮影所に入ると身が引き締まるんです。

ただ今のところ関わる人間やロボットがあまりにも少ないので、たまに寂しさを感じます(笑)。今後はもっとたくさんの人間orロボットと交流していきたいです。

歴史あるスーパー戦隊シリーズ、記念すべき45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』を全力で盛り上げたいので、皆さんの力を貸していただけるととてもうれしいです。

そしてこれから、ステイシーをどうぞよろしくお願いします!

※番組情報:『機界戦隊ゼンカイジャー』第7話
2021年4月18日(日)午前9:30~午前10:00、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事